櫻坂46田村保乃が『流れ弾』でセンターに抜擢!1st写真集『一歩目』への期待とそこで生まれた変化

拡大画像を見る

なぜ彼女たちは「センター」に立ったのか⁉
アイドルセンター論
櫻坂46田村保乃 前編

 櫻坂46の3rdシングル『流れ弾』の表題曲で初めてセンターを務めることになった田村保乃。8月7日には1st写真集『一歩目』(小学館)を発売するなど、個人としても今まさに絶好調を迎えていると言ってもいい。

 2018年に「坂道合同オーディション」に合格し、欅坂46の2期生の中心的存在として先頭を走ってきた田村。

 幼稚園から大学生までバレーボール一筋だった彼女がアイドルに魅了されたのはAKB48がきっかけだったという。

 そもそもオーディションに受けようという気概で受けに行ったわけではなく、メンバーに会えるという理由から「坂道合同オーディション」の大阪セミナーに参加して合格に至るという、まさになるべくしてアイドルになったと言える。

 初のファン向けたお披露目となる「お見立て会」を前にして、『うたコン』(NHK総合)に出演した田村は、初のテレビ出演にもかかわらず1期生に引けを取らないパフォーマンスを披露しファンの間でも話題に。

 彼女の存在を知らしめた大きな出来事として「夏の全国アリーナツアー2019」の東京ドーム公演は外せない。そこで約1年9ヶ月ぶりに披露した「不協和音」で卒業した長濱ねるのパートを田村が引き継ぎ、鬼気迫るパフォーマンスで反響を呼んだ。

 加入してから約1年という経験値の少ない田村が楽曲における極めて重要なポジションに起用される。このことは田村の秘めたるポテンシャルが見出されての抜擢だった。

 田村は現在、3rdシングル『流れ弾』のセンター抜擢を筆頭に、雑誌のモデルや『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日)の連続ドラマ出演など、個人仕事を着実に増やしていっており、今もっとも注目を集めている櫻坂46のメンバーであることは言うまでもない。

 その最も最たる例として1st写真集『一歩目』の発売がある。同作は週間5.6万部を売り上げるなど、順調にヒットを記録しており、田村の存在が世間にも大きく認知されるきっかけとなりそうだ。乃木坂46の白石麻衣が女性ファン獲得に影響を与えていったように、男性のみならず女性のファンも多い田村もまたそうした方面での活躍が大いに期待できるだろう。

 アイドルはひとつの夢であると同時に通過点として捉える傾向も多いが、田村は欅坂46時代に受けたインタビューで「私はまずアイドルとして、欅坂46の一員として認められる人間になることです。この先いろんなお仕事をすることがあると思うんですけど、まずは欅坂46としての自分が完璧じゃなかったら何をやってもダメだと思うんです」(参考:『Real Sound』 https://realsound.jp/2019/03/post-325212.html)と、アイドルとして自分を確立させることの重要性を口にしていた。目の前のことにしっかりと着実に取り組んできた田村だったからこそ、『不協和音』におけるパフォーマンスと、そして今回のセンター抜擢という快進撃にも繋がっている。

 そこから櫻坂46への改名を経て、写真集を始めとした個人仕事が増えていくにしたがい「ほかのお仕事をやることによってグループのことを知ってもらえる機会が増えるとか、自分の視野が広がるというのもすごく感じられたので、考え方はまったく変わりました」(参考:田村保乃1st写真集『一歩目』)と考え方にも変化が現れてきたそう。こうした意識の変化は、自信に満ち溢れた現在の田村の姿が物語っているように思う。

(文=川崎龍也)

関連リンク

  • 9/22 17:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます