彼氏に2股かけられ破局…“すじこクリームチーズ” が傷心に効いたワケ。私の禁断の味3つ

拡大画像を見る

 体に多少悪そうでも、カロリーが気になっても、食べたい物を思いっきり好きに食べたい時ってありますよね。

 今回は、そんな“背徳飯”にまつわるエピソードをご紹介しましょう。

◆彼氏に二股かけられて破局

 Y乃さん(32歳・契約社員)の場合。

「実は、結婚前提に付き合っていた彼(35歳・会社員)に二股かけられた事が発覚して別れたばっかりなんですよ」

 しかも相手の女性が22歳のガールズバー店員という事にショックを受けました。

「このご時世にガールズバーなんて行くなよと思いましたし、その女が結構なギャルだったことも驚きで。
 あまりに私と真逆すぎてタチ打ちできないってしばらく泣きながら暮らしてましたね」

 そんな時は、思いっきり自分を甘やかそうと決めたY乃さん。

「以前、飲み屋さんで食べたおつまみなんですが、クリームチーズをサイコロ状に切ってお皿に並べて、一口大に切った筋子(すじこ)を乗せて食べるんですよ。これが禁断の味って感じでめちゃくちゃ美味しくて」

◆「また誰かを好きになれるかもしれない」と思えた

 Y乃さんは、これをお酒のおつまみとしてではなく、ごはんのおかずとして食べるのが大好きなんだとか。

「あまり身体に良くないとは思いますが、また元気を取り戻せるまではいいやと、毎晩のようにクリームチーズ筋子ごはんを食べていましたね」

 あまり食欲のない時でも、これだけは美味しく食べられたそう。

「一週間程食べ続けたら、クリームチーズ筋子ご飯を海苔(のり)で巻いて食べると、もっと美味しい事を発見してしまって(笑)」

 海苔の風味とパリパリの食感が加わり、さらにパワーアップしてY乃さんを癒してくれました。

「この海苔の出現で『私、また誰かを好きになれるかもしれない』と思えたんです。もし失恋してもまたこれを食べれば立ち上がれるかもと」

 それ以来、もしも本当に必要になった時のためにそなえて、クリームチーズ筋子海苔巻きは封印しているそうです。

 続いては、夫に内緒で禁断の食事を楽しむ女性です。

◆ひとりキャンプに行く夫を見送った後に

「イラストレーターの夫は、自宅で仕事をしているのでいつも家にいて。ですが最近ひとりキャンプにハマり出して、ちょくちょく家を空けるようになったんですよ」

 夫(40歳)の事をうとましく思っていた訳ではありませんが、つかの間のひとり時間を楽しんでいるというA香さん(34歳・主婦)。

「夫はキャンプの時は、だいたい午前9時位に家を出て、一泊して次の日の夕方に帰ってくるんですよ。だから、夫が出て行ってすぐに缶ビールをあけたりして(笑)ひとりでゆっくり飲むなんてなかなか出来ないので、テンション上がっちゃって」

 そして、A香さんの恒例の食事は…。

◆サッポロ一番やペヤングを堪能

「夫がインスタント食品が嫌いで、私が一人で食べる事も嫌がるんですよ。だからここぞとばかりに食べてますね」

 特に「サッポロ一番味噌ラーメン」に、とろけるチーズとキムチをトッピングするのがお気に入りだそう。

「簡単だし、美味しくてビールにも合うし最高なんですよね。あと子供の頃から好きで、よく食べていたので懐かしくて」

 また、「ペヤングソースやきそば」も好きだと言うA香さん。

「ペヤングには紅生姜とご飯を入れて、そばメシ風に食べるのが好きですね。ふだんは栄養バランスを考えて食事を作っていますが、たまに食べるこの体に悪そうな味がたまらないんですよ」

 そして、夫が帰ってくる前にインスタント食品の袋や容器などを入念に隠すそう。

「ゴミの日まで見つからないように、キッチンの床収納の中に入れておきます。夫はまず開けないところなので」

 次は、月に1回だけ自分の作ったダイエット食事ルールを破るという女性です。

◆ふだんは炭水化物を朝だけにしているけど…

「私は太りやすい体質なので、朝しか炭水化物をとらないようにしています。タンパク質や野菜中心の食事を心がけていますね」

 さらに、最寄駅の2駅前で降りて歩くようにしているというF子さん(28歳・会社員)。

「でも私、本当はご飯が大好きなんですよ。なのでご褒美に月に一回だけ、好きにご飯を食べていい日を設けているんです」

 その日には、朝から3合ご飯を炊くそう。

◆おにぎりを美味しく食べるためにダイエットを頑張れる

「まず、夜に食べる用の梅干し入りのおにぎりを2つ仕込みます。

 朝ご飯には、大好きなジャコ入りのチャーハンを作る事が多いですね。味付けはシンプルに塩コショウで決まりです」  

 そしてお昼ご飯は、夜のおにぎりを楽しむために我慢します。

「そうやって、朝作っておいたおにぎりを夕方に食べると、ご飯と梅干しがいい感じに馴染(なじ)んでいてスゴく美味しいんですよね。ご飯の味を梅干しが最大限に引き立てていて」

 このおにぎりのおかげで、日々のダイエットが頑張れるとF子さんは語ります。

「もしかしたら私、このおにぎりを美味しく食べるためにダイエットを頑張っているのかもしれませんね」

 食べることは生きること!3つとも元気が(食欲も?)出る、背徳飯エピソードでした。

<文&イラスト/鈴木詩子>

【鈴木詩子】
漫画家。『アックス』や奥様向け実話漫画誌を中心に活動中。好きなプロレスラーは棚橋弘至。著書『女ヒエラルキー底辺少女』(青林工藝舎)が映画化。Twitter:@skippop

関連リンク

  • 9/22 15:47
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます