麻布大学と北陸テクノ、シリカ配合飼料開発を目指して共同研究を開始

拡大画像を見る


麻布大学生命・環境科学部食品生命科学科は、北陸テクノとの産学連携により、植物由来シリカ(二酸化ケイ素)を飼料に活用して食品のおいしさを向上させる共同研究を開始した。ケイ素は骨密度の維持、コラーゲン形成等に関わるなど、生体の微量必須元素として知られている。また近年、健康食品、化粧品などの分野でシリカの有用性が注目を集めている。

もみ殻処理炉で生産されるシリカ灰を飼料に配合

今回の共同研究は、経済産業省中小事業庁の補助事業に「もみ殻循環プロジェクト」が採択されたことによる産学連携活動。

もみ殻の燃焼を最適化することで得られる植物由来の高品質シリカ灰を添加した配合飼料を利活用することで、養殖魚、食肉、鶏卵などの食味や機能性の向上をめざす。

その第一弾として、北陸テクノのもみ殻処理炉で生産されるシリカ灰を飼料に配合することにより、鶏や養殖魚など食品の味の付加価値化を試みる。

鶏肉・鶏卵の味の向上、機能性成分が増加

麻布大学食品生命科学科は、養殖魚や産業動物のシリカ灰配合飼料の開発および食品科学的評価を担当。北陸テクノは自社開発のもみ殻専用大型燃焼炉の特性を生かし、高品質な植物由来シリカ灰を産出・供与する。

同学科の学科長良永裕子教授(食品分析化学研究室)を中心とする研究グループが、鶏肉や鶏卵など食品の味とケイ素との関連性について、国内で先行して研究を進めている。これまでに、鶏関連企業の協力を得て、シリカ配合飼料により鶏肉・鶏卵の味の向上や機能性成分増加などが認められることを明らかにしてきた。

ブロイラーに出生直後からシリカ(ケイ酸ナトリウム)水溶液を飲み水に加えて飼育したところ、シリカを投与しない群(対照群)に比べ、ササミ肉のうま味や甘味の遊離アミノ酸、さらに機能性成分のアンセリンが増加することなどが示された。

また同様に、産卵鶏にシリカを給与することで、卵黄中のうま味が向上するなどの結果を得ている。

SDGsを推進、地域資源のさらなる循環へ

北陸テクノは、2011年度から同社の本社所在地である富山県射水市が推進するバイオマスタウン構想に加わり、もみ殻を循環利用するバイオマスビジネスに取り組んできた。その一環として、新たに開発したもみ殻専用の大型燃焼炉は、燃焼温度を厳密に制御することで再生可能エネルギーと高品質な植物由来シリカ灰を産出可能だ。

もみ殻は国内で年間200万トン発生する。約20%(重量比)ものケイ素化合物(シリカ=SiO2)を含み、燃焼灰として残るため、廃棄物量の削減や有効活用が課題になっていた。シリカ灰の活用先を広げることでSDGsを推進し、地域資源のさらなる循環に取り組んでいる。

  • 9/22 16:14
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます