堀ちえみ「直感で妖精と分かりました」 旧居を出る朝に「不思議な光」

拡大画像を見る

 タレントの堀ちえみが22日、ブログを更新。新居へ引っ越す際、それまで住んだ家を後にするときに優しい光が差し込み「直感で妖精と分かりました」とつづった。

 堀は週末におそった台風の影響で引っ越しの予定が「二転三転」し、18日の土曜日に子どもたちを残し、堀と夫だけが新居の荷物搬入に立ち会うことになったという。

 「その時が、最後のお別れの日となったわけですが。あの日の朝、あの家を出て行く時に、不思議な光を見ました」と振り返り「私の横を通り過ぎたのですが、直感で妖精だとわかりました。やんわりとやさしい光」とつづった。

 「変なことを書いてごめんなさい」と謝罪するも「私にはそれ以上のことは分かりませんが、これでよかったんだと、その時にそう思ったのです」と、気持ちの整理がついたと明かした。

 最後に「たくさんの皆様のご尽力によって、私たちは新生活を、スタートさせることができました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです」と、新居建築に関わった人々や引っ越し作業に関わった人に感謝をつづり「肩の力を抜いて、残りの人生やんわりと、あの光の妖精のように、やさしく」と締めくくっていた。

関連リンク

  • 9/22 15:55
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます