スリーコインズで2,000円以下のワイヤレスBluetoothキーボードを徹底レビュー

スリーコインズのワイヤレスBluetoothキーボードのサイズや重さは?

・商品名:Bluetoothキーボード
・価格:1,650円(税込)
・サイズ:約横28.5×縦12cm
・カラー:ホワイト

300円均一ショップとして知られる『スリーコインズ』では、”3COINS DEVICE”シリーズはワイヤレス充電器やワイヤレスイヤホン、スマホスタンドなど、デバイスを中心とした商品が展開されています。

その中で今回紹介するのは、ワイヤレスタイプの『Bluetoothキーボード』です。Apple製品を彷彿とさせるアルミチックなボディと真っ白なキートップのシンプルなデザインBluetooth接続を利用すれば、スマホやタブレットなどのお好みの端末に簡単にキーボードを繋げることができます。

持ち運ぶ際にもっとも気になる重さは、約221g。マンガの単行本1冊やワイシャツ1枚が約200グラムと言われるているので、気にならない程度の重さではありますね。一部乾電池分の厚みがありますが薄型設計なので、カバンやリュックに入れやすいのもグッドポイントです。

スリーコインズのキーボードとスマホを簡単Bluetoothでワイヤレス接続!

商品ボックスの中には、キーボード本体と説明書が1枚が入っています。説明書は6カ月の保証書つき。万が一壊れても保証がきくのは安心です。

そしていざ、Bluetooth接続! まずは単4形の乾電池2個をキーボードに裏側にセットします。”ON/OFF”ボタンをONにしてキーボードの電源を入れたら、接続したい機器のBluetooth機能もONに。

次に”CONNECT”ボタンを1秒ほど押すと、LEDランプが点滅してペアリングモードに切り替わります。端末側に”BT WORD”と表示されたら、ペアリングして完了! 今回はiPhone11とiPad proと接続してみましたが、どちらもスムーズにペアリングできました。

スリーコインズのワイヤレスBluetoothキーボードの使用感は?打ち心地や音にやや難あり

私は13インチのMacBook Airを使っているのですが、『Bluetoothキーボード』はサイズがほとんど同じで、キーの間隔も狭すぎず、打ち込みがラクでした。

エンターキーなど一部キーの形が違いますが、これは慣れの問題。ファンクションキーも充実しているので、「スマホでするには難しい」ちょっとした文章の打ち込みに向いています。

お手頃価格の『Bluetoothキーボード』ですが、少し残念なポイントも。キー単体でみてみると、押し返しが軽い割に、しっかりと下まで押しこまないと反応してくれないことがありました。個人的にキーへの押し込みが感じられる方が好みなので、長時間の作業では使いにくかったです。

また、押し返しの軽さのせいか、打ち込むたびにカシャっと音がします。カフェやオフィスなど周りに音がある場合は問題ありませんが、図書館など静かなところでは目立ってしまうかもしれません。

コツをつかめば便利に使える!スリコのBluetoothキーボード

使用感では気になるポイントもありましたが、使う場所や使い方のコツを覚えれば十分に満足できる性能です。ワイヤレスキーボードで1,650円(税込)という価格はかなり魅力的。コンパクトかつ軽量なので、外出先での作業効率をアップさせたい人に特におすすめですよ。

▼スリーコインズ公式オンラインショップで仕様や使用方法をチェック

スリーコインズ公式オンラインショップ『Bluetoothキーボード』

▼LIMIA編集部では最新のスリーコインズおすすめ人気商品ををまとめてご紹介。あわせてチェックしてみてくださいね。

【2021年9月】スリーコインズおすすめ人気商品56選!新商品やトレンドアイテム、店舗や通販情報も

※店舗によって品ぞろえが異なり、在庫がない場合があります。
※掲載商品については予告なく廃盤、仕様変更等が発生する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/22 15:03
  • LIMIA

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます