「解散まで1か月余り」V6坂本昌行『家事ヤロウ!!!』でグループの「不仲過去」チラリも…昨年誕生グループLINEは「楽しい」!

拡大画像を見る

 9月21日放送された『家事ヤロウ!!!』(テレビ朝日系)にV6の坂本昌行(50)が出演した。

 番組レギュラーのKAT-TUNの中丸雄一(38)が「ジャニーズ内で5本の指に入る」と言うほどの料理上手である坂本は、業務用スーパーの牛タンしぐれを使ったオリジナルトーストなどを作った。

「料理の待ち時間に坂本は、ジャニーズの後輩である中丸ともトークを行なっていました。そこで中丸が“V6のメンバーは普段から連絡を取り合っているの?”と質問。それに坂本は“ここ1〜2年は取ってる”と答え、これまでは“(連絡を)取ってないし、連絡先も知らなかった”と語りました。

 V6は、昨年11月に配信ライブ『V6 For the 25th Anniversary』を行なっていますが、このライブがきっかけでグループLINEを作ったといい、メンバーとのやり取りで“プライベートの話はほぼない”というものの、坂本は“楽しい”とメンバーとのLINEでの交流について話していました」(テレビ誌ライター)

■過去にはさまざまな不仲話が報じられ……

 11月1日をもって解散するV6だが、メンバー同士は今、密接な関係になっているようだ。

「現在はメンバーの仲はとても良好なようですが、以前はメンバー間の不仲話もささやかれていました。特に坂本、井ノ原快彦(45)、長野博(48)の20th Century(トニセン)と、三宅健(42)、森田剛(42)、岡田准一(40)のComing Century(カミセン)に大きな溝があったと言われています。時に厳しい意見も言う井ノ原が、カミセンの3人から嫌われ、特に森田は結成当初から井ノ原と仲が悪く、楽屋でも避けていたといいます。

 岡田と坂本も長年、会話がなかったという話もありますし、また、森田は宮沢りえ(48)と結婚する予定だったものの、2017年12月、岡田が宮崎あおい(35)との結婚を電撃発表。決まっていた自身の結婚が先延ばしになってしまったことで、森田と岡田が不仲になったとささやかれることもありました」(女性誌記者)

 過去にさまざま報じられたグループ内の不仲な状態は今、大きく変わってきているようで、7月17日に放送された『音楽の日』(TBS系)では坂本が、「最近グループで一緒にいる時間が多いんですけど、リハーサルとか楽屋にいる時間に岡田が写真を撮っている。仕事のこともあり、みんなで思い出作りじゃないですけど、そういう意味では輪になる時間が多い」と話す場面があった。

「坂本が番組で話したように昨年の配信ライブや、そして解散が決まったこともあって、メンバー同士の関係が今まで以上に良く、深くなっているのかもしれませんね。11月1日の解散までもう残り1か月余り。最後の瞬間まで、デビュー26年の集大成と言える、メンバー6人が結束した最高の輝きを見せてほしいですよね」(前同)

 メンバーたちの絆が深まっている今、V6は最高の状態にあるのかもしれない――。

関連リンク

  • 9/22 12:26
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます