ひろゆき「お金持ちになりたいと願う子ども」へのたったひとつのアドバイス

拡大画像を見る

―[ひろゆき連載コラム「僕が親ならこうするね」]―

「お金持ちになりたい」と純粋無垢に子どもに言われたら、どうしたらいいか。著書『僕が親ならこう育てるね』で独自の子育て&教育論を展開し、親ができること/できないことの境界を理論的に解説するひろゆき氏は、どう答えるのか。まず「そもそも日本でお金持ちになるのは至難の業」と語る。その真意とは?

◆財布の中にあるお金が多ければ「お金持ち」

――今の日本の子どもがお金持ちになるが難しいとはどういうことですか?

ひろゆき:日本は少子高齢化なうえに毎年のように人口が減少し続けています。加えて、日本は生産性が低くて実質経済成長率も1%に達していない国です。

 OECDの調査データを見ると、日本の平均賃金はこの20年で0.4%しか上がってなく(編集部注※2000年時点で3万8364ドル、2020年時点で3万8514ドル)、トップのアメリカの平均賃金6万9391ドルと比べると、大きな差をつけられています。

 この数字を見ても、企業に就職して毎年昇給したとしてもたくさん稼ぐことが難しいのが現実なのがわかります。

 もちろんごく一部の優秀な人は昇給したり、自ら起業して成功したりすることもあるでしょう。

 しかし、不景気の昨今に起業して成功する確率はだいぶ低く、とあるデータによれば、ベンチャー企業の生存率は創業5年後で15%。10年後だと6.3%で、20年後には0.3%しか残っていないそうです。

◆希少な成功例を参考にしてはいけない

――最近は「YouTuberになりたい」なんて子どももいます。

ひろゆき:YouTuberだけでなく、スポーツ選手とかもそうですが、そうした存在は極めて稀です。

 例えば、サッカー選手の場合、日本で年に一回でもサッカーをプレーする人は、直近10年平均で450万人ほどいるそうです。

 でも、日本で年収460万円以上が確定しているA契約のサッカー選手は、J1だと1チーム上限25人までの決まりがあります。現在のJ1のチーム数が20なので、500人くらいしかいないということになり、サッカーで食べていける人は稀有な存在ということになります。

 どうしても著名人やスポーツ選手、起業家というのはメディアが取りあげるので目立つわけですが、その少数の成功例が自分にも当てはまると思い込むのは、騙されやすい人の考え方です。

 子どもが大人になって騙されやすい状態になるのは親としては怖いですから、「そんなことをしてもお金持ちになれるのはごく少数だよ」という現実は教えておいたほうがいいと思うのです。

◆稼げる能力につながる投資を教える

――では「お金持ちになりたい」と子どもに言われたら、どうしたらいいですか?

ひろゆき:そもそもお金を稼ぐことが難しいので、「お金持ちになりたい」と子どもに言われたら、僕が親ならお財布から出ていくお金を減らす方法を教えると思います。

 バカみたいな話ですが、お財布に残っているお金を減らさないことが、ある意味でお金持ちになる近道なのです。

 そのうえで、ある意味、お財布の中に入っているお金の量が多い人=お金持ちになったら、経験や稼げる能力につながる投資を教えるといいと思います。

 知識や経験が増えることに投資をするのは、将来的にお金を稼ぐ能力につながります。たとえば、「お金が欲しかったら、資格を取って、資格手当で給料が増えるよ」とか言っておくのもありだと思いますね。

―[ひろゆき連載コラム「僕が親ならこうするね」]―

【ひろゆき】
西村博之(にしむらひろゆき)1976年、神奈川県生まれ。東京都・赤羽に移り住み、中央大学に進学後、在学中に米国・アーカンソー州に留学。1999年に開設した「2ちゃんねる」、2005年に就任した「ニコニコ動画」の元管理人。現在は英語圏最大の掲示板サイト「4chan」の管理人を務め、フランスに在住。たまに日本にいる。週刊SPA!で10年以上連載を担当。『僕が親ならこう育てるね』という初の子育て論本が発売。著者印税は児童養護施設へのパソコン寄贈に充てられる

関連リンク

  • 9/22 11:54
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます