防風シートより優秀?!“ワークマンの1900円防風ジャケット”がスゴい

秋が深まってくれば風が冷たくなるので、防寒ウェアを準備しておきたいですね。
ワークマンの「防寒ウィンドシェルジャケット」は、寒風から守ってくれる頼もしいジャケットです。

カラーやサイズが揃っているうちに買っておくと、寒くなっても安心ですよ!


出典:ワークマン

(1)特徴



出典:ワークマン
防寒ウィンドシェルジャケットは、3層構造になっています。
表地の下にはTPUシートが入っているため、冷たい風をシャットアウト。

また、肌に近い裏地はフリースなので、暖かさをキープできるのです。
右肩後ろには反射プリントがついているので、夜間も安心ですよ。

秋はアウターとして、真冬はミドルインナーとして着ると、暴風シートが冷たい風から守ってくれるでしょう。

(2)カラーバリエーション



出典:ワークマン

防寒ウィンドシェルジャケットは、全7色のカラーバリエーションです。
無地の「ブリティッシュグレー」「ブラック」「シルバーグレー」「ライムイエロー」「ネイビー」に、柄の「マウントホワイト」「スノーブラック」というラインナップ。

スノーブラックは新色で、雪の結晶の柄が全体に散りばめられています。
マウントホワイトもモノトーンですが、スノーブラックの方が黒の割合が多いためクールな印象です。

無地のタイプは、ツートンカラーのファスナーがアクセントになっています。

(3)コーデ例



出典:ワークマン

防寒ウィンドシェルジャケットは、アウターとしてもミドルインナーとしても着られます。
まだそれほど寒くない時期は、長袖Tシャツやトレーナーの上から羽織ると快適です。

真冬はこれだけだと寒いためミドルインナーとして着用し、上からコートやダウンなど厚手のアウターを着ておきましょう。
アウターがダークカラーであれば、ライムイエローやスノーブラック、マウントホワイトなどを合わせることでコーデのアクセントにもなりますよ。


ワークマンの防寒ウィンドシェルジャケットは、お値段1900円です。
プチプラですが、秋冬の冷たい風から守ってくれるので、人気になりそうですね。

冬を暖かく過ごすために、準備しておいてはいかがでしょうか。

(恋愛jp編集部)
※すべての商品情報・画像はWORKMAN Plus様より許諾をいただいております。
※記事内の情報は執筆時のものになります。
価格変更や、販売終了の可能性もございますので、ご了承くださいませ。
2021年9月14日現在

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/22 6:45
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます