「やまづみ」とも読めますが……「山積」の読み方、知っていますか?

拡大画像を見る

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/247425/ )

本記事では意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事でご紹介するのは「山積」です。

「山積」の読み方は?

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/247425/ )

「問題が山積みだ」とあれば、「山積」の部分を「やまづ」と読むのは容易なことです。ただ、送り仮名「〜み」がなかった場合、「山積」には他の読み方があります。もちろん、送り仮名がなくても「やまづみ」と掲載している辞書もありますが。

さて、他の読み方は思い浮かびましたか?

正解は……

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/247425/ )

「さんせき」です。

送り仮名「〜み」がない場合は「さんせき」と読みます。となれば「問題山積」とあった場合、どう読むかはもうわかってしまいますね。「もんだいやまづみ」ではなく「もんだいさんせき」です。とはいえ、意味は「さんせき」「やまづみ」ともに変わりません。

さん-せき
うずたかく積もること。また、解決すべき問題や仕事などが沢山たまること。さんし。

やま-づみ
山のように高く積もること。また、解決すべき問題や仕事などがたくさんたまること。さんせき。

出典元:精選版 日本国語大辞典

読み間違えたとしても意味が変わることはありませんし、現代では「やまづみ」と読んだ方が言いたいことが伝わりやすいかもしれません。

「山」が当てられた難読漢字クイズ

先で紹介した「山」も「積」も、日常生活に馴染み深い漢字であり、読み方に困るような難しい読みはありません。ただ、「山」を当てた言葉の中には、その言葉を知っていないと「ん、なんて読むの?!」と戸惑ってしまうものが多々あります。以下の言葉、あなたはいくつ読めますか?

山羊 山茶花 山女 山茶 山丹

おそらく一番上の「山羊」はさらりと読めた人も多いのではないでしょうか。「山羊」は「やぎ」と読みます。しかし「山羊」から下に進むにつれて、その言葉に見慣れていないとわからないものが続きます。植物などに詳しい人には簡単かもしれません。

正解は……

山茶花 さざんか 山女 あけび 山茶 つばき 山丹 ひめゆり

です。漢字はすべて漢名からきています。漢名とは“動植物などの、中国での名称。(出典元:小学館 デジタル大辞泉)”のことです。一般的には「アケビ」「椿」「姫百合」と表されている言葉ですが、上記のように「山」を当てた漢字もあるんですよ。

 

関連リンク

  • 9/22 2:30
  • OTONA SALONE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます