新井恵理那、号泣の愛鳥急死報告後に「出家」発言&夏休み ファンへ「申し訳ない」

拡大画像を見る

 フリーアナの新井恵理那が20日にブログを更新。愛鳥のブルーボタンインコが急死したことから、多くの人から「心配されすぎ」るほど心配されたことで「申し訳ない気持ちになった」と反省した。

 新井は12日にSNSでたびたび登場していた愛鳥のブルーボタンインコのラピスが急死したことを伝え、YouTubeでは号泣しながら「ごめんね」と謝り続けていたことから、多くのファンが心配していた。

 直後に新井はレギュラー出演しているテレビ朝日系「グッド!モーニング」で夏休みに突入。さらに12日放送のテレビ朝日系「シンパイ賞!」で、寝る前に瀬戸内寂聴の日めくりカレンダーで心に響いた言葉を壁に貼る日常を明かし「出家したい」と言っていたことが、ファンの心配に拍車をかけたようだ。

 新井は「あたたかく包んでくれるような、おもいやりのある言葉をひとつひとつ読んで、ひとり、わんわん泣きました」とお悔やみの言葉を贈ってくれたファンに感謝しきり。

 ただ、夏休み&出家発言があったことから「タイミングが重なってしまったのもあって心配されすぎてしまって、ありがたいなと思いつつ、申し訳ない気持ちにもなりました」とファンに謝っていた。

関連リンク

  • 9/22 10:10
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます