熊田曜子、肌見せ度高め衣装で“肌着装着”動画に見る「美意識」「強メンタル」!

拡大画像を見る

 タレントの熊田曜子が、自身のYouTubeチャンネル〈熊田曜子~40歳で自分史上最強になる~〉で、「男子禁制」とタイトルの冒頭につけて投稿したのは、昨年3月13日。熊田が胸に白いチューブトップの肌着をつけた艶姿で登場し、その上にみずから裁縫した上半身用肌着を装着するといった艶っぽ動画だった。

 するとコメント欄には、〈申し訳ございません、男性なのに動画を見てしまいました。曜子さん、お綺麗です!〉〈男性見ては駄目ですか?〉など、男性視聴者と思われるコメントがチラホラと見られた。

“男子禁制”とした熊田の目論見通りと言うべきか、視聴回数は同チャンネルで断トツ1位の240万回を記録(2位は昨年10月7日投稿回の71万回)=いずれも9月21日朝の時点=。

 それから1年半後の去る9月16日、熊田は、【男子禁制】と冒頭に付けて、“肌着を縫うときのコツ”という意味の文言が続くタイトルの動画を同チャンネルに投稿した。

 Fカップとされる熊田だが、「断乳をした後にすっごいちっちゃくなっちゃって、『D』でも良いくらいになっちゃったんです。ガクッて感じです…“と“セキララ告白」をしつつ、アンダー70センチの上半身用肌着を、自身のサイズに合わせ、63センチに縫い直すといった内容の動画を披露した。

 今回は二の腕、ワキ、引き締まったウエスト見せといった、肌見せ度高めの黒い衣装の上から薄紫の肌着を装着。後ろ向きになると、クッキリと浮き出た肩甲骨も艶やかに公開した。

 今年6月にテレビスタッフとの「泥沼不貞疑惑」が報じられた熊田。6月8日以来、投稿は滞っていたが、約3カ月ぶりとなる9月7日に同チャンネルで生配信。「反省の弁」を述べたのだが、〈ファンの為にも説明をお願いします〉〈結局何があったん?〉といった、視聴者の不満げなコメントが相次いで、低評価が高評価を大きく上回る形となってしまった。

 それでも、めげずに投稿を続けているところを見る限り、熊田のメンタルと美意識は尊敬に値するほど強いことは間違いないようである。

(ユーチューブライター・所ひで)

関連リンク

  • 9/22 9:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます