奇跡のアラサー・加治ひとみが持ち歩く“腸活おやつ”とは?バッグの中身を公開

拡大画像を見る

 “奇跡のボディをもつアラサー美女”として、話題沸騰中の加治ひとみさん(@kaji2608・33歳・通称:かぢちゃん)

 腸活に詳しいモデルとして知られていますが、2021年8月31日に放送された『踊る!さんま御殿!!』では「(腸と相談してご飯を食べるタイミングを決めるので)家に時計がない」と話し、共演者を驚愕させていました。

 女性らしいヘルシーでしなやかなボディは、話題の「腸活」で手に入れたそう。無理な食事制限はせず、いつも“腸活おやつ”を持ち歩いているといいます

 そこで今回は、美腸プランナーの資格を持ち「腸活おばけ」とも呼ばれるかぢちゃんに、バッグの中身を見せてもらいました。

◆バックには“腸活おやつ”やツボ押しグッズが

【加治ひとみさんのカバンの中身】
・おやつ
・本
・ツボ押しグッズ

 バッグの中身は、その人の生活があらわれますよね。加治ひとみさんのバッグには、腸活グッズがたくさん。まずは、腸活おやつの選び方を教えてもらいました。

◆腸活おやつは干し芋やナッツ

「おやつとして『干し芋』をいつも持ち歩いています。さつま芋は皮に栄養があるので、できれば皮付きの干し芋を選んでみてほしいです。でも、なかなか売っていないので、コンビニの干し芋(皮なし)でもOKですよ」

 干し芋だけではなく、他の腸活おやつも……。

デーツとナッツを組み合わせて食べると美味しいんですよ。食物繊維が豊富なので、腸活おやつにおすすめです」

◆翌日に疲れを残さないコツは、ツボ押しとストレッチ

 加治ひとみさんは、身体が凝っていたら、ツボ押しでリフレッシュするのだとか。

「これは100均で買ったんですけど、足の裏で踏んだり、肩に押し当てたりして、ツボを刺激するものです。身体が凝っているときに使ってます」

 オフィスワークでグッズを使ったツボ押しができない人も多いですよね。仕事中もできる疲れをとる方法を教えてもらいました。

「肩甲骨を回すのもおすすめです。デスクワークだと、背中が丸まったり、肩周りが凝ったりしますよね。姿勢が悪くなって、猫背になると、内臓系が下に下がってしまうんです。若い方でもぽっこりお腹で悩んでいるという声をよく聞きます。

 姿勢が悪いなと感じたら、肩甲骨をゆっくり回してみてください。左右前後にぐるーっと回すだけでも姿勢改善に繋がりますよ」

 加えて、寝る前にストレッチをするのもおすすめ。

仰向けになって膝を立てたら、腰を浮かせて30秒ほどキープします。難しく見えるかもしれませんが、やってみると簡単です。ぜひチャレンジしてみてくださいね」

◆かぢちゃんのバッグに入っていた本は?

 加治ひとみさんは、毎日本を読むそうです。この日、バッグの中に入っていた本は2冊。

『アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」』
『20歳若返る食物繊維 免疫力がアップする! 健康革命』

 加治ひとみさんは、昔「せっかちでネガティブだった」そうですが、腸活をはじめてからポジティブ思考に。本を読むことで、腸活がメンタルに影響することに気がついたのだそうです。

「今、アート関係の本を読んでいるんですけど、たまたま腸の話が出てきてびっくりしたんです! 今まで、脳が全身に指令を出していて、腸とか消化器は消化をするだけ、と思われていたと。それが最近の研究で、腸が神経伝達物質のほとんどを作り出して脳に情報を伝えていることがわかってきたそうです。だから腸が『第二の脳』と呼ばれています。

 例えば、ミミズは体全体が腸みたいな生き物で、ミミズの腸を調べると、幸福や安心を感じる神経伝達物質のセロトニンやドーパミンが見つかったそうです。私が、腸活するようになって気持ちが明るくなったのは、こういう理由があったんだな、と思いました」

◆心身ともに綺麗になりたい人の役に立ちたい

 加治ひとみさんは、現在34歳。目前に迫る30代後半は「心身ともに綺麗になりたい人のコミュニケーションの場を作りたい」と言います。

「心身ともに綺麗でありたいという気持ちは、いくつになっても絶対あると思います。でも、ひとりで頑張ろうとすると、身体に良いことが義務みたいになりやすいと思うんですよ。『やらなきゃいけない』みたいな。

 それってストレスになるので、自分のライフスタイルに腸活が当たり前に入ってくるのが理想的だと思います。なので、みんなで一緒に頑張っていける場所を作りたくて。

 そのためには、もっと知識が必要だから、本もたくさん読むし、知識をどんどんアップデートしていきたいですね」

 年齢を重ねるごとに、輝きを増していく加治ひとみさん。今後の活躍に目が離せません。

<取材・文/管理栄養士 梅原しおり 撮影/鈴木大喜 ヘアメイク/川村友子>

【梅原しおり】
早稲田大学人間科学部卒、管理栄養士免許をもつライター。Twitter:@unchieiyoushi

関連リンク

  • 9/22 8:47
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます