女性の期待値をMAXにする!「待ち合わせ」の最初の一言9パターン

デートの待ち合わせで女性にかける最初の一言は、その日のテンションを大きく左右するもの。では、どんなセリフを選ぶと、最高のデートのすべり出しを演出できるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性285名に聞いたアンケートを参考に、「女性の期待値をMAXにする!『待ち合わせ』の最初の一言」をご紹介します。

【1】「ごめん、待たせちゃった?」と最高の笑顔で駆け寄る
「会いたかった気持ちが伝わってくる。無表情が一番イヤ」(20代女性)というように、待ち合わせで相手を見つけたら、とにかく笑顔で駆け寄ると喜ばれるようです。早く会いたかった気持ちをセリフだけでなく、全身で表現したいところです。

【2】「めちゃめちゃ今日が楽しみだったよ!」と気持ちの盛り上がりを伝える
「こっちだけ舞い上がってたわけじゃないとホッとする」(10代女性)というように、その日のデートをどれだけ心待ちにしていたのかを言葉で表すと、女性を安心させてあげられるようです。「楽しみすぎて寝られなかった!」などと無邪気にはしゃぐと自然に映るでしょう。

【3】「その服いいね。いつもかわいいけど」とオシャレを褒める
「気合入れてオシャレしてるから、褒められると嬉しい」(20代女性)というように、とりあえず相手のファッションを持ち上げるのも手堅いようです。「いつもと全然違う」では、皮肉のように聞こえてしまうので、「いつもかわいい」と表現するのが無難でしょう。

【4】「今日は絶対楽しいデートにしようね!」とやる気を表明する
「ストレートに伝えられると、特別な日なんだ!って思える」(20代女性)というように、デートへの意気込みをハッキリ口に出すのも、女性の気持ちを明るくするようです。キザなセリフですが、照れずに言えたら効果は絶大でしょう。

【5】「色々考えてきたから、今日は任せて!」と準備の良さで安心させる
「ちゃんとプランを立ててきてくれた安心感と、頼りがいを感じます」(20代女性)というように、その日の段取りに自信をのぞかせると、女性をホッとさせてあげられるようです。詳細を細々と説明するより、「任せて!」とリードしたほうが爽やかでしょう。

【6】「光ってるから、遠くからでもすぐわかったよ」と特別感を強調する
「冗談っぽくても嬉しい。好きな人には特別な存在だと思われたいから」(20代女性)というように、人混みのなかで落ち合ったのなら、「君だけが違って見えた」と言い添えるのもアリでしょう。ただし「自分のほうから先に見つける」のが前提になるので、待ち合わせ場所に近づいたら周囲に良く目を配りましょう。

【7】「嬉しすぎて緊張してきた」とドキドキを素直に表現する
「素直なところがかわいいし、私も緊張しているから安心する」(10代女性)というように、デートに対する「緊張」を正直に伝えてしまうのも好印象かもしれません。無理して女性慣れした風を装うより、「一緒にいるとドキドキする」と打ち明けてしまったほうが自然体で楽しめるでしょう。

【8】「来てくれてありがとう!会えて嬉しいよ」と感謝を伝える
「待ち合わせだけで喜んでもらえるなんて、来た甲斐がある」(20代女性)というように、当日その場に来てくれたことに感謝を示すのも、女性の自尊心をくすぐるようです。デート中は、どんな細かいことにもいちいち「ありがとう」と言うくらいの気持ちでいると良さそうです。

【9】「楽しみすぎて早く来ちゃったんだ」と遅刻した女性を笑顔でフォローする
「遅刻してもギスギスした空気にしないでくれると嬉しい」(20代女性)というように、仮に女性が遅刻した場合は、前向きにフォローすると感謝されるようです。いきなり理由を問いただしたりせず、「僕が早く来ただけ」と相手を気遣うと、器の大きさを示すことができるでしょう。

待ち合わせの瞬間からデートは始まっています。幸先の良いスタートを切ることで、少しでも成功の可能性を高めたいものです。(呉 琢磨) 【調査概要】 期間:2015年3月14日から21日まで 対象:合計285名(10代、20代の独身女性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/22 8:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます