移籍後初先発の三笘、ついに欧州初ゴール!…左足の先制弾でチームを快勝に導く

拡大画像を見る

 ベルギー・カップ5回戦が21日に行われ、MF三笘薫が所属するユニオン・サン・ジロワーズはレブベーケ(ベルギー5部)と対戦した。移籍後初の先発となった三笘は、16分に欧州での初ゴールを挙げている。

 サン・ジロワーズへの加入後初めてスタメン出場を果たした三笘は、試合開始から4分でさっそく持ち味を発揮。ボックス左から華麗なタッチと急加速でDF3人を置き去りにすると、ゴール前の味方へ合わせてゴールを演出するも、これは味方がオフサイドの判定となり得点は取り消しとなる。

 それでも16分、またもボックス左でチームメイトとの連携を見せた三笘は、味方の落としから最後は左足を振り抜く。ダイレクトで放った鋭いシュートはニアサイドを破り、自身の欧州初ゴールでチームに先制点をもたらした。

 勢いに乗ったサン・ジロワーズはその後、三笘の先制弾を皮切りに大量7得点をあげて勝利し大会5回戦を突破。三笘は80分にピッチを退いている。

関連リンク

  • 9/22 7:57
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます