『水曜日のダウンタウン』超有名ナレーターが「人気声優起用」に怒りのNG提言!!「表現が全くできていない」

拡大画像を見る

 ナレーターの服部潤(54)が9月14日、自身のツイッターで声優のナレーター起用に苦言を呈する投稿をした。

 服部は「有名声優かしらないけど、番組ナレーターに使うのはもう止めにしないか? 内容が全く入って来ないし、番組として成り立ってない」とし「声優はキャラクターを通しての表現はピカイチだけど、ナレーションとしての表現は全く出来ていない」「そりゃそうだナレーターは10年以上それだけを追求しているのだから」という投稿を行なっている。

「服部さんの投稿は、リツイートが1696件(9月21日18時30分時点=以下同)、リプライは175件も寄せられています。その中には“声優をひとくくりにする発言は如何なものか”“情けない愚痴ですね”と批判的な声もあった一方で、“本当にそう思います。視聴率や話題性をと思っているのでしょうが、結果的にはどうなのでしょうか?”“数字が欲しいだけの浅はかな制作の思惑”と服部さんの意見に同調するような声も見られました」(エンタメ誌ライター)

 服部は、ナレーターとして『水曜日のダウンタウン』(TBS系)をはじめ、『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)、関ジャニ∞の番組『関ジャニ∞クロニクルF』(フジテレビ系)や有吉弘行(47)の番組『有吉ぃぃeeeee!~そうだ!今からお前んチでゲームしない?』(テレビ東京系)など多くの人気番組で活躍している超実力派ナレーターだ。

 前出のエンタメ誌ライターは言う。

「最近では、声優のテレビ番組への顔出し出演も珍しくなくなりましたし、声優のバラエティ界への進出が以前に比べてかなり進んできていると言えます。また、本業が声を使った仕事とあって、それを活かしたナレーターへの起用も増えていますね」

■25年務めたナレーターとの交代劇も

 社会現象となった人気アニメ『鬼滅の刃』で主人公の竈門炭治郎を演じた花江夏樹(30)は、『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』(日本テレビ系=以下同)の7月14日放送回から、1996年7月の番組開始以来ナレーションを務めた真地勇志(59)に代わって2代目ナレーターに就任。ほかにも、2020年5月放送の『ニノさん』、同年10月放送の『ウワサのお客さま』(フジテレビ系)でもナレーションを務めた。

『鬼滅の刃』からは他にも、我妻善逸役を好演し、嵐の相葉雅紀(38)との親交で知られる下野紘(41)が、2020年3月から放送が始まった『CDTVライブ!ライブ!』(TBS系)でナレーターを務めるほか、今年8月2日放送の『世界まる見え!テレビ特捜部』(日本テレビ系)でもナレーションを担当している。

 さらに、胡蝶しのぶを演じた早見沙織(30)は、6月22日放送の『ZIP!』(日本テレビ系)で「流行ニュース キテルネ!」のコーナーナレーションを担当。さらに7月9日放送の中居正広(49)の番組『中居正広の金曜日のスマイルたちへ(金スマ)』(TBS系)では、『鬼滅の刃』で嘴平伊之助を演じる松岡禎丞(35)とともにナレーションを務めた。

■声優のナレーター進出は『鬼滅』だけにとどまらない

『鬼滅の刃』出演者以外の声優のバラエティ番組進出も進んでいる。

「『ドラえもん』(テレビ朝日系)で、2005年4月からドラえもん役を務める水田わさびさん(47)も3月29日から放送が始まった『ラヴィット!』(TBS系)でナレーターに就任。また、服部さんがナレーターに就いている『ミュージックステーション』でも、『アイドルマスター シンデレラガールズ』のアナスタシア役などで知られる上坂すみれさん(29)や、『五等分の花嫁』の中野四葉役などを演じた佐倉綾音さん(27)がそれぞれナレーターとして2017年夏頃から出演しています」(前出のエンタメ誌ライター)

 今回、ツイッターで苦言を呈した服部がナレーターを担当する番組にも、声優の波が押し寄せていたようだ。

「『ルパン三世』シリーズの次元大介役で知られる小林清志さん(88)は、俳優としての演技に加え、嵐の番組『嵐の宿題くん』(日本テレビ系)など多くのバラエティ番組などでナレーターとして活躍して番組に貢献していました。服部さんはツイートで“ナレーションとしての表現は全く出来ていない”と指摘していますが、すべての声優がダメというわけではなく、ナレーションならではの表現が出来る人であれば、声優の起用も問題はないということかもしれません。

 ただ、昨今の人気声優のナレーター起用は小林さんのように実力を買ってのものではなく、制作サイドが声優の人気にあやかって、リアルタイム視聴やTVerなどでの配信での再生数増加を意識して行なっているものでしょう。そのため、服部さんの言う、番組との相性が度外視されている部分があるのかもしれません。

 過去にドラマで、演技が全くできないアイドルがミスマッチな役を演じて、その影響もあってかドラマがコケるといったことが多々ありましたが、同様の現象が今、バラエティ番組でも起きていると言えるのかもしれませんね」(前同)

 無計画な声優のナレーター起用には、くれぐれもご用心!?

関連リンク

  • 9/22 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

24
  • C.L.N

    10/5 21:50

    ナレーターがアニメに出演して、キャラクターの演技が全く出来てないのはどう思うんだろうね?

  • トリトン

    9/25 11:21

    Zガンダムでのリメイクで富野が声優入れ換えられたときファンは怒ってましたね、自分も見たがかなり劣化してました、それが芸人?なおかつお笑い芸人だったら半端ないほど面白くないと思いますね。ましてや劇場版で金出すなら余計にね。昔のアニメなんか声優いないから、田島令子や戸田けいこハーロックなんか石原裕次郎このレベル、今のゴミ芸人が簡単に出るとムカつくわ、

  • 「旬の声優」という理由で起用されても、駄目なら別の人に交代させられる、そういう業界でしょう。真地さん程のベテランはそれをわかっているはずだからわざわざ言う事はないと思うのですが…10年20年毎に大ベテランの1人が「最近の若手は、人気に胡座をかいて努力を怠っているのか、表現がなっていない」とカンフル剤のように苦言を呈するのも業界の定例になってます。真地さんの提言もそのたぐいでしょう。

記事の無断転載を禁じます