浜辺美波、文春砲「愛犬&合い鍵愛」は「事務所へ反逆の恋」!初水着写真集まで「大荒れ必至の1か月」!!

拡大画像を見る

 彼氏は「いたことがないです、今まで1回もないです」と語っていた女優の浜辺美波(21)にとって初となる熱愛を、9月21日の『文春オンライン』が報じた。

 浜辺は、長澤まさみ(34)や上白石萌歌(21)と同じように「東宝シンデレラオーディション」を経て、2011年に芸能界入り。以降は『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(フジテレビ系)や『咲-Saki-』(毎日放送)などのドラマ出演で注目を集め、2020年8月放送の『私たちはどうかしている』では横浜流星(25)とダブル主演を務めた。

 また、今年1月クールの菅野美穂(44)主演ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(ともに日本テレビ系)では菅野の娘役を好演。今年の「上半期テレビCM放送回数ランキング」女性部門では1位と、デビュー以来、飛ぶ鳥を落とす勢いの活躍を続けている。

『文春オンライン』によると、そんな浜辺のお相手は男女ポップデュオ「まるりとりゅうが」のメンバー・Ryuga(24)だという。

 Ryugaは高校時代から自作の楽曲をSNSで発信し注目を集め、慶應大学の学生だった2018年に女性シンガーのMaRuRi(24)とユニットを結成。同年11月に配信リリースした『気まぐれな時雨』は各配信サイトで1位を記録。Ryugaはドラマやアニメなどの楽曲制作も手掛けている。

 浜辺とRyugaが出会ったのは1年半ほど前のことで、友人のじんじん(26)の紹介で、まるりとりゅうがのライブを見に行ったのがきっかけだったという。

「じんじんはチャンネル登録者数176万人を擁する人気YouTuberユニット『パパラピーズ』のメンバーとして活動しています。体重150kgのポッチャリ体型ながらキレキレのダンスが持ち味で、自身がゲイであることも公表。若者からはカリスマとして憧れられる存在でもあります。

 じんじんは2019年の自身の誕生日に浜辺と一緒にディズニーリゾートに言ったことを告白し、ネットをザワつかせました。また、パパラピーズと浜辺のコラボ動画もYouTubeで見ることができます」(WEBライター)

 記事によると、買い物を終えて自宅マンションに浜辺が帰宅してから約1時間後、Ryugaが浜辺の愛犬、ポメラニアンの「ぽぷちゃん」を連れて、合い鍵を使用して浜辺のマンションに入っていったという。

■事務所社員と同じマンションで生活していた浜辺美波

『週刊文春』の直撃にRyugaは「事務所を通していただけたら」「ノーコメントとしか言いようがなくて」と応じ、浜辺との交際を肯定も否定もすることもなかった。一方の浜辺はRyugaと交際は「してないですよ」と否定し、犬の世話を手伝ってもらう関係だと話した。

 また、双方の所属事務所とも親しい友人の1人ではあるが、交際の事実はないと熱愛を否定。しかし、お互いのマンションを行き来している仲であることは認めたという。

「浜辺さんの事務所関係者は今回の“文春砲”に慌てふためいているのではないでしょうか。早くから“ポスト長澤まさみ”と目され、事務所も浜辺さんを大切に扱っていた。ただ、あまりに大切にし過ぎるあまり、彼女に対する“締めつけ”はかなり厳しいものになっていたと関係者の間ではもっぱらです」(芸能プロ関係者)

 浜辺は中学卒業後に地元の石川県から上京。高校生の頃は埼玉県にある事務所の男性社員宅に住んでいたと『文春オンライン』では伝えている。

「男性はもちろん既婚者で、子どももいる人物です。当時はスキャンダル対策のためでしょう、男性共演者とも“あまりしゃべらないように”と釘を刺されていたといいます。2019年頃には埼玉から都内に引っ越しましたが、同じマンションの別の部屋には事務所の女性社員が住んでいて、しっかりと管理されていたようです」(前同)

■浜辺美波の事務所関係者はじんじんとの友人関係にも渋い顔……

 2019年11月の『デイリー新潮』では、その女性社員は既婚者で、夫とともに浜辺が住むマンションに引っ越したという。『デイリー新潮』の問い合わせに対し、事務所は「女性社員が監視役を務めているわけではありません」「浜辺のご両親と、浜辺本人の同意を得ています」と回答している。

 しかし、同意していたとしても浜辺が事務所の“監視体制”に不満を抱いていた可能性はあるだろう。浜辺は高校卒業後、別のマンションに引っ越し、本格的な一人暮らしを送るようになったという。

「事務所サイドの浜辺さんに対する締めつけは相当厳しく、ある関係者はコーラが大好物の彼女に対して“意識が低い”といったことを言うこともあったといいます。

 女優として成功するためには、体型維持も重要ということなのでしょうが、以降、浜辺さんはコーラをやめてダイエットコーラを飲むようになったそうです。それを機に、食事も全然とらなくなってしまったそうで、不健康にやせてしまった時期もありました」(前出の芸能プロ関係者)

 2018年から2019年にかけて、浜辺の体型を心配する声がファンからも上がった。

「事務所関係者としては浜辺さんを“純粋培養”したかったのではないでしょうか。スキャンダルから食べるものも含めて、すべてのものを管理しようとしていた。しかし、いくら老舗芸能事務所といえども、今の時代、自社のタレントであってもすべての行動を制限するというのは現実的ではありません。行き過ぎた締めつけでストレスが溜まり、反発を招くこともあったのではないでしょうか。

 事務所関係者の中には、Ryugaさんとのキューピッド役にもなったじんじんさんと仲がいいことも良くは思っていなかったと聞こえてきています。じんじんさんはゲイだと公表しているため、浜辺さんと男女の関係に発展することもないにもかかわらず、です」(前同)

■Ryugaとの熱愛報道が初水着写真集にも影響する可能性

 事務所の管理下を外れ、本格的に一人暮らしをスタートさせた際には浜辺の中には、「解放された」という思いもあったのかもしれない。

「双方が交際を否定していますが、おそらく浜辺さんの事務所関係者は今回の熱愛報道に怒り心頭でしょうね。ただ、浜辺さんにしてみれば、一部の関係者に対する“反逆の熱愛”とも考えられる。これまでの締めつけに反発し、いろいろな意味での“独り立ち”したことを示したかったのではないかと。

 しかし、今回の熱愛報道で事務所関係者の中には“裏切られた”と感じる人もいるでしょう。また、10月発売の写真集にも影響が出てきそうですね」(前出の芸能プロ関係者)

 浜辺の20歳の節目を記念して、10月27日に写真集『浜辺美波写真集 20』(講談社)が発売される。自身初となる水着ショットも収録されているといい、発売前から大きな話題を呼んでいた。

「写真集専用のインスタグラムアカウントも立ち上がり、オフショットやプライベート感あふれる動画なども投稿されています。9月14日には写真集の予約もスタートし、発売日に向けてさまざまな仕掛けを行なう予定なのではないでしょうか。

 ただ、当然ファンの中には男性との熱愛話が出てきて面白くないと感じる人もいるでしょうから、売り上げにも影響があるかもしれませんね。今回の熱愛報道を経て、写真集の発売日までの約1か月は、浜辺さんとその周辺は大荒れ、激しい動きが起こりそうです」(前同)

 Ryugaとの“合い鍵愛”を否定した浜辺だが、今後も「彼氏は1回もいたことがない」という姿勢を貫くのだろうか――。

関連リンク

  • 9/22 7:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます