大久保佳代子、フット後藤が断言!解散・雨上がり決死隊「再結成0%」で宮迫博之が歩む「イバラの道」

拡大画像を見る

 9月20日放送の『マシマシTV』(日本テレビ系)で、フットボールアワー後藤輝基(47)とオアシズ大久保佳代子(50)が8月17日に解散した雨上がり決死隊への思いを語った。この番組は、今年芸能界をザワつかせた話題の裏話に迫るエンタメ情報バラエティ。今年は、ザブングル、アジアンなどお笑いコンビの解散が続いたが、最も世間の注目を集めたのが芸暦32年の雨上がり決死隊の解散だった。

 番組にコメンテーターとして出演した『FRIDAY』デジタル芸能デスクの荒木田範文氏は、蛍原徹(53)はずっとコンビとしての活動に戻りたいという願望はあったはずとし、「だから蛍原さんも宮迫さんと話がしたいっていうのはあったんですけど、食事をして話し合おうって言っても結局ドタキャンされたり、会って話すことがなかなかできなかった」と解散に至る内情を暴露。

 神田愛花(41)が「再結成はないんですか?」と聞くと、荒木田氏はコンビ名だけ残して活動することも可能な中、解散に踏み切ったため、その可能性について「ほぼ0%だと思います」と断言した。

 大久保は、現在海外留学中の相方、光浦靖子(50)の話に触れ、「解散する必要はないなと思ってる」「うちもコンビで好きなとき嫌いなときいろいろありますけど、解散するってよっぽどじゃないですか」「だからなくすっていうのはよっぽどだなって思います」と、コンビ解散について語った。

 後藤は、雨上がりについて「前日とかに宮迫さんから電話いただきましたね」と、解散前に宮迫博之(51)から連絡がきたことを告白。「驚きましたけど。驚いて、そこはそうですか……ということですけどね……」と、そのときの心境を振り返った。

 また自身のコンビについては、大久保同様「解散を考えたことは1回もない」とキッパリ。「それこそ結婚離婚の話やと、離婚がめちゃめちゃパワーいるみたい言うじゃないですか」「解散も一緒で。それでも解散したいって」「あれだけやってた人気者2人が言う。まあ、蛍原さんが言うってことは、もう背負ってるんもんはさすがにもう背負ってられへんくなったんかなと思います」と、蛍原の並々ならぬ決意について語った。

■テレビ、相方の横は「止まった状況」

 雨上がり解散前から、YouTuberとして活動をスタートした宮迫は、解散後も動画を次々更新。12日には、なかやまきんに君(43)とのコラボ動画をアップ。きんに君のチャンネルの動画はおおむね高評価が多い中、宮迫とのコラボ動画だけ低評価が高評価を大きく上回った。これを受け宮迫は、18日の動画で「おそらくBADをつけてる方々の中には、中身も見ずにBADをつけてる人もたくさんいらっしゃるみたい」「おそらく、僕のアンチの方々だと思う」と語り、きんに君のコラボ動画に低評価をつけることで自分にショックを与えようとしているのではないかと推測。きんに君にも申し訳ないという気持ちだと明かし、「心に石投げられたら、刺さるし血も出ます」「やめてちょうだい」と訴えた。

 また15日には「チャンネルの今後の方針につきまして」というタイトルで動画をアップ。宮迫は「テレビに戻りたい、相方の横に戻りたいっていうことを大明言としてやってたんですけども」「ご存知のように、コンビは解散という形になってしまいましたので、言ってた大明言がいったん止まった状態」と語り、今後については「日本の食を応援します!」と宣言。見ている人達を幸せな気持ちにできるようなチャンネルにしていきたいと語り、コロナ禍で打撃を受けた飲食業界に貢献したいと決意を新たにしていた。

 さらに、その中には「案件動画」もあり、「金儲けをしてるじゃないかと言われるコメントもあるんですけども、案件はやっていきます」「僕自身、チーム自身、お金を稼がないと何かをしようと思ってもお金がないとできない」と理解を求め、「このチャンネル、カツカツです」と台所事情も明かした。

 これにチャンネル登録者からは「宮迫さんの復活劇が楽しみ」「アンチはミュートして頑張ってください」「なんか吹っ切れた感じで良いですね」「アメトーークはもう見なくなったけどこのチャンネルは見てます」「これからも応援します!」など、応援メッセージが続いた。

 雨上がりの再結成は望めなそうだが、宮迫は新たな一歩を踏み出したようだ。

関連リンク

  • 9/22 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます