「気軽なのに、料理は一流!」デートに使えるカウンター4選!

ファッションやカルチャーの高感度なショップや、人気レストランが集まる「代官山」。

一流シェフの料理を気軽に楽しむことができるのが、このエリアの最大の魅力だ。

ツウだけが知る大人の隠れ家で2人の距離を縮めよう!


▶前回:中目黒は、路地裏の“隠れ家デート”がうまくいく!二人だけの秘密にしたい名店3選



※緊急事態宣言中の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。


ナチュラルワインの品揃えが豊富なのもこの代官山エリアの特徴。

ボトルでオーダーする人も多く、洒落たエチケットが店内の空気とマッチする。

1.ちょうどいい距離感で心癒されるカウンター 『falò(ファロ)』


炭火で焼き上げた料理がメインのイタリアン。

キッチンを取り囲む壮大なカウンターは、どこからでもシェフが炭火を操る姿が見えて臨場感たっぷり。

「居酒屋のように使ってほしい」と笑う樫村仁尊シェフはイタリアンの名店、港区の『アクアパッツァ』で料理長を務めた実力派。

シンプルで豪快な皿の中にも、確かな技術や料理への深い経験値がうかがえる。


「さっと炭火であぶった天然猪と香り豊かなサラダ」。

ジューシーな猪のもも肉に三つ葉や春菊などの香味野菜を使用したサラダを合わせた。


豪快なポーションの「初かつおの炭火焼きフレッシュトマトのソース」。各8,000円のコースより。

2.気軽で楽しいフレンチにテンションが上がる 『Äta(アタ)』


扉を開けた途端、目に飛び込んでくる大きなまぐろの頭。まるでフィッシュマーケットに来たような楽しい雰囲気を醸し出す。

魚介に特化したフレンチというスタイルはオープンから9年経ってもぶれていない。

まぐろの脳天の肉をレタス包みにしたこの店のスペシャリテは白ワインとの相性抜群だ。


「まぐろのうなじ」1,000円。

刺身で食べられるまぐろの脳天やホホ肉などのたたきをグラナ・パダーノチーズと一緒にレタスで巻いていただく。


モン・サン=ミッシェルから獲れたてが届く旬のムール貝の「アイオリ」2,400円。

季節の野菜を添えた。

素材にこだわりあり!見た目も味も抜群な店が登場

3.映える上に味も抜群!期待を裏切らない路地裏の人気店 『オ山ノ活惚レ』


渋谷の住宅街で連日満席になる魚が美味しい居酒屋『活惚れ』の姉妹店。

グラスで飲めるナチュラルワインと、和に留まらないひとひねりしたメニューが人気。

とくにほぼ全員がオーダーするという「白子のチーズリゾット」は必食。

次々と仕上げられるフォトジェニックな料理を眺められるスタイリッシュなカウンターは、ライブ感を楽しむ特等席といえる。


クリーミーな白子とチーズ、お出汁で炊いた優しい味の「白子チーズリゾット」2,200円。店の看板メニュー。


「極上 海鮮納豆」1,320円。

納豆、お刺身、うに、イクラ、卵の黄身という旨みたっぷりの具をよく混ぜて海苔で巻いて。

4.大人の隠れ家で、しっとりとした時を過ごしたい 『サリーヒルズ』


小道を少し入った場所に位置するこの店は、イタリアンをベースにした、魚料理のおまかせコースが人気。

和の要素を取り入れた料理を多数用意しているため、ワインだけでなく日本酒もそろう。

ゲストが飲むお酒に合わせて同じ料理でも味付けに変化をつけてくれるという心遣いが嬉しい。

この夏にリニューアルしたばかりというカウンター席でお酒に詳しいシェフと会話をするのも楽しい。


しっかりめにスモークをかけた厚切りの「自家製スモークサーモン」。

クリームチーズと季節のフルーツを添えて。


シグネチャーの「しらすのもなか」。

しらすをオリーブオイルやディルなどで和えてもなかに挟む。各6,380円のコースより。



閑静な雰囲気で、通好みのデートができる代官山。

駅チカでも落ち着いて食事を楽しめるこの街で、行きつけの店をつくるのも大人の嗜みだろう。


▶このほか:世界レベルの料理人の銀座進出に、食通が沸いた!“一流の和食”ココにあり!

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/22 5:00
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます