シンガポールに単身赴任中の夫には、内緒で…。娘の幼稚園受験に夢中な女が、隠していたコト

あなたは恋人に、こう言ったことがあるだろうか?

「元カレとはもう、なんでもないから」

大人に”過去”はつきものだ。経験した恋愛の数だけ、過去の恋人が存在する。

だから多くの人は、1つの恋を終わらせるごとに、その相手との関係を断ち切っているだろう。

しかし “東京のアッパー層”というごく狭い世界では、恋が終わった相手とも、形を変えて関係が続いていく。

「今はもう、なんでもないから」という言葉とともに…。

◆これまでのあらすじ

婚約者の健作と会社の後輩である雛乃が、元恋人同士であることを知ってしまった千秋。しかし2人は「今はなんでもない」と言い張り、友達の関係を続けているのだった。

モヤモヤする千秋は、思わずLINEで“ある人物”に助けを求め…?

▶前回:職場の後輩女子が、なぜか彼氏と知り合いだった。疑心暗鬼になった女は2人を会議室に集め…


「なるほどね~。可愛がってる職場の後輩が、婚約者の元カノでした、と」

「うん…」

「しかも2人はいまだに仲が良くて、友達付き合いを続けてる。中高時代に付き合ってただけで、今はもうなんでもない、と」

ストッケのハイチェアが置かれたダイニング。山積みにされた小学校お受験用のプリントの横で、シロッコのハーブティーが湯気を立てている。

私が置かれている奇妙な状況について、声に出して整理してくれているのは、親友の和香だ。

健作と雛乃ちゃんの仲睦まじげな様子に耐えられなくなった私は、彼女に「今夜行ってもいい?」と相談LINEを送ったのだった。

前職の出版社で同期だった和香。私が転職、彼女が結婚・出産でお互いに職場を離れた今も、親友としての付き合いが続いている。

こうして子どもが寝た後に付き合ってくれるほど、優しくて面倒見がいい和香ならきっと、気持ちが明るくなるような言葉で励ましてくれるはず。

どこかでそう期待していたからこそ、こうやって彼女に悩みを打ち明けたのかもしれない。

でも…。和香の口から飛び出したのは、予想していたのとは全く違った言葉だった。

「千秋、それはさ…。受け入れられないなら、すっぱり別れるしかないよ」

親友に、婚約者と別れることを勧められた千秋は…

「ええっ、そんな…」

提案された解決法があまりにも極端すぎて、私は思わず情けない声をあげる。

優しい励ましと共感。それから健作と雛乃ちゃんに、関係を見直してもらう方法。…そういうのを教えてほしかったのに。

和香は「そんなことわかってるよ」とでも言いたげな顔をしながら、言葉を続けた。

「確かにさ、元カレや元カノとは距離を置くのが普通のことかもしれないよ。でもさ、これって“私立エスカレーター校の内部生あるある”なんだよねえ」

「ええ…?こんなこと、よくあるの?」

そう戸惑う私を前に、和香は小さくため息をつく。

「いわゆる、おぼっちゃまとかお嬢様ってさ。恋人でも友達でも、同じような価値観と金銭感覚で、同じような家庭環境の相手とのお付き合いが望まれるわけ。

でも、そんな相手ってたくさんはいないよ。つまりさ、同じ世界の人脈を求めて私立へ行くのに、過去の恋愛なんかを気にしてたら、誰とも人間関係が作れなくなっちゃう」

そう言いながら和香は、積み上げられた書類の中から1枚の集合写真を取り出すと、私に向かって差し出した。

「これ。由香のお受験教室で、始業式のときに撮った集合写真」

由香ちゃんとは、和香の一人娘。たしか今は幼稚園の年中さんだ。和香の出身校である、カトリックの名門女子私立への受験を来年に控えている。

おでこを出した賢そうな子どもたちの後ろに、ズラリと並ぶ父兄たち。

和香は、そのうちの1人のお父さんと、別の子のお母さんを指さしながら言った。

「この2人、元恋人だよ」


「…えっ?」

予期せぬ言葉に、私は思わず息を呑む。

でも、和香の指は止まらなかった。父兄を次々と指さしては、説明を続ける。

「こっちのパパは、高校時代のクラスメイトの元カレ。このママは私の先輩なんだけど、昔こっちのママと同じ人と付き合ってた」

「えっ、えっ…?」

「それから…」

そこまで言うと和香は、そっと集合写真から目をそらす。そして、奥の子ども部屋で眠る由香ちゃんに聞こえないよう、小さな声で私にささやいた。

「由香の幼稚園の、1個下のパパ。…私の元カレ」

「ええっ!」

思わず大声を出してしまった私に向かって、和香は慌てて「シー!」と人差し指を立てる。

そして「言うべきことはすべて言った」というように目をつぶると、低い声で告げたのだった。

「こんな感じでね。一部の私立って、めちゃくちゃ狭い世界なの。

たとえ元恋人でも、これから先も似たような環境で生きていくんだもん。今はもう、なんでもないからって割り切っていかないと、みんな成り立たないわけ」

「でも…」

私は興奮でバクバクしている胸を押さえながら、和香に尋ねる。…彼女の話を聞いていて、一番気になっていたことを。

「ねえ。由香ちゃんの幼稚園に、和香の元カレがいるって…。ご主人は知ってるの?」

ご主人が、和香の元カレのことをどんな気持ちで受け入れているのか。それがわかれば、今の私にとってのヒントや覚悟になるかもしれない。

そう思って聞いた質問だったけれど…。彼女から返ってきたのは、予想もしていなかった言葉だった。

ティーカップを口元まで運んでいた和香は、吹き出すように笑って、こう言ったのだ。

「やだ、まさか。夫がこんなこと知るわけないよ。超やきもち焼きだもん!まあ、いわゆる御三家幼稚園だからさ。父兄が知り合いばっかりなのは、わかってるみたいだけど」

元カレがすぐ近くにいることを、知らせていない。その真意とは

「そうなの?でも、私立一貫校ではあるあるだって言ったじゃない!」

そう食い下がる私に、和香も答える。

「うん。でも、こうも言ったよ。元カレ・元カノとは距離を置くのが、一般的には普通のことって。

夫は小中が公立で、高校はカナダ。大学はアメリカだから、私が育ってきたような“下から私立”の世界は知らない。それでも今、由香のお受験を尊重して、シンガポールで単身赴任してくれてるの。

そんな夫のこと、必要以上に心配させたくないから。今はもうなんでもないんだし、あえて言う必要はなくない?」

― 今はもうなんでもないし、あえて言う必要はない、って…。

健作と雛乃ちゃんが私に関係性を隠そうとしていたのは、和香が言うような考え方からなのだろうか。

冷めていくハーブティーを見つめながら、私は黙り込むことしかできなかった。

「健作くんにダメなところがあるとしたら、元カノを隠しきれなかったこと。それから、千秋が実はこうして思い悩むタイプだっていうことを、わかってないところかもね。

でもね。それだけ無防備だってことは、逆に考えれば本当に何の心配もないってことだよ。ただ、千秋がどうしても受け入れられないなら…」

そこまで言ってから和香は、手に持っていたティーカップをテーブルに置く。

カチリ、というカップの音と重なって、彼女の声が聞こえた。

「受け入れられないなら、別れるしかないよ」




2日後の日曜日。

私はまたしても、ハーブティーのカップを前にして無言になっていた。

「うわ〜!この写真、めっちゃ懐かしい!」

「だよなー。健作って、このときさ…」

恵比寿にある『マーサーカフェダンロ』のテラスソファー席。隣に座っている健作は、友人の深山くん・菊田くんと、思い出話で盛り上がっている。

ときおり深山くんが気を使って私に話題を振ってくれるものの、中学からの仲である彼らの会話に、そう簡単には入れない。

それでも今日は、結婚式の幹事を2人にお願いするという大切なイベントなのだ。決して笑顔だけは絶やさないよう、ニコニコしていた。

― こんなに昔の写真を持ってきてもらって、準備を始めてるけど…。来年、無事に式を挙げられるのかな。

ボーッとする時間が多いと、どうしても考えなくてもいいことを考えてしまう。

ただでさえ昨晩、和香から冷や水を浴びせられるような極論を、突きつけられたばかりだ。

眠れない夜を過ごしたせいか、あくびが出そうになる。慌てて腕に通していたマスクを、もう一度装着しようとした。

…そのときだった。

「わあ!これ、ひな?」

菊田くんの興奮したような声が、眠気を一瞬で消し去った。“ひな”は、きっと雛乃ちゃんのことに違いない。

マスクをつけながら、菊田くんが持っている写真を横目でチラッと確認する。

そこには仲睦まじく肩を組んでいる、あどけないほどに若い健作と、雛乃ちゃんの姿が映っていた。

「ちょっと、菊田!千秋さんの前で、その写真はないだろ」

「あ、やべ…」

慌てた様子で深山くんがたしなめ、一瞬だけ場の空気が重くなる。

でも当の本人である健作は、いつも通り能天気な笑顔を浮かべながら言うのだった。

「大丈夫、大丈夫!千秋さん大人だから、理解してくれてるの。前も言ったけど、今ひなって俺たちと同じ会社にいて。千秋さんも仲良くしてくれてるんだ。

うわ〜。懐かしいなあ、この写真。ひなも俺もめっちゃ若い!」

私は健作と同じようにニッコリ笑いながら、内心わずかに動揺していた。

健作の口から「ひな」という呼び名が出たことに。…会社では「立川さん」と呼んでいたのに。

― こんなどうでもいいことで動揺するなんて。私ったら、しっかりしなきゃ!

グルグルと目がまわるような混乱が、またしても私を襲い始める。

でも、このあと菊田くんが放った言葉は、そんな私にさらなる追い討ちをかけるのだった。

「へぇ〜。千秋さん、めっちゃ理解あるっすね!じゃあさ…。ここに今、ひなも呼びましょうよ!」


▶前回:職場の後輩女子が、なぜか彼氏と知り合いだった。疑心暗鬼になった女は2人を会議室に集め…

▶Next:9月29日 水曜更新予定
結婚式の打ち合わせに、まさかの元カノを呼ぶことになり…。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/22 5:03
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます