堀ちえみ、「心臓が痛くなるほど衝撃」な引っ越し理由告白! 「結末が残念な映画を見た感じ」「よくある話」と興ざめの声

 タレントの堀ちえみが9月20日、「赤い煉瓦のお家のこと」とのタイトルでブログを更新。1週間前から予告していた“引っ越し理由”をついに明かしたが、ネット上では興ざめする人が続出しているようだ。

 堀は同12日、「もう晴れやかな気持ち」と題した記事で、「あるひょんなことがきっかけで、私たちは今 引っ越しに向け、いろんな準備をしています」(原文ママ、以下同)と、家族で引っ越し準備をしていると報告。その経緯については、「私が目にした業者の方が手にしていた資料が、全ての始まりでした」などと意味深につづり、「引っ越しの理由はこの家を出てから、きちんと述べさせていただきます」と具体的な言及を避けていた。

「堀の説明によると、『お世話になっている業者さん』に自宅の屋根の点検をしてもらってる最中、『周辺をいろいろと確認されていたので、私は直感で何かが変わると察した』『極秘で計画されていた情報を掴み、きちんとした全貌が見えてきた』のだとか。“極秘計画”を知ってしまった堀は、『心臓が痛くなるほど衝撃的だった』といいます。緊迫感あふれる文章に、ネット上では『大変なことに巻き込まれたのでは?』『早く真相が知りたい』という声が上がっていたんです」(芸能ライター)

 その後、18日には、「荷出しもタイミングを見て、2台のうちのもう一台のトラックは、出るそうです」「冷蔵庫も入りました!」などと引っ越しのプロセスを逐一報告していた堀。その後も荷ほどきの進歩状況を連日投稿していた。

 さらに、荷ほどきが落ち着いた20日の夜には、満を持して「皆様にやっと、お話させていただくことが出来ます」と引っ越した理由をつづったのだが……。

「堀は『我が家の裏と隣の大きな土地に、マンションの建設計画が進んでいました』と明かし、自宅前の私道が『マンションの裏通用口になる』ことを知り、『プライバシー』や建築中の『騒音の問題』などから夫婦で話し合い、引っ越しに至ったことを説明しています。当人にとって大きな事件であったことは理解できますが、あまりにも意味深につづられていたため、ネット上では『結末が残念な映画を見た感じ』『よくある話をミステリー風にしててびびった』『大げさだし、理由を明かすのになんでここまで引っ張ったのか謎すぎる』と、苦情にも似た声が続出しています」(同)

 なお堀は、プライベートでの出来事を「いちいち説明しなくてもいいのでは?」という一部の声に対し、12日の投稿では「ブログをやっている以上は、発信したことに対して、あとは放りっぱなしというのでは、皆様に失礼です」「ある日突然、急に今までと違う家から、『おはよう!』だとびっくりしますものね」と説明している。日常に起きた出来事をあえて大袈裟につづるのも、ブログ読者のことを思っての行動なのかもしれない。

  • 9/21 19:06
  • サイゾーウーマン

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • やり方がヘタクソすぎです。こんなブログの読者にならなくてホント良かった!

  • ゴンザ

    9/22 16:00

    まあ病気ネタも飽きられてきたし、色々ツッコミも入るから、ネタも尽きたんだろうね、マンション計画も事前に説明あるはずだけど、この人の場合はブログも大切な収入だからさ、大袈裟にウソ書かないと読者もあきるしね

記事の無断転載を禁じます