コーヒーカスと牛乳パックを使った再生紙アイテムを「Makuake」で先行予約販売


GROUNDSはコーヒーカスと牛乳パックで再生紙をつくるブランド「Caffe Latte」を立ち上げた。現在、回収したカスで製作する商品の先行予約を、応援購入サービス「Makuake」にて受付中だ。

自分が飲んだコーヒーのカスを商品化


近年SDGsが重要視される中、同社はバリスタとして美味しいコーヒーの提供だけではなく、飲んだあとのコーヒーカスが再利用できることをあわせて伝えていく必要があると感じ、この参加型の再利用プロジェクトの実施に至ったという。

今回、関東・関西・九州のスペシャルティコーヒーを提供するカフェに協力してもらい、コーヒーカスの回収を行う。当日該当のコーヒーショップでコーヒーを飲むと、同プロジェクトへ参加でき、自分が飲んだコーヒーのカスを商品化することを体感できる。

「Caffe Latte」再生紙アイテムの、「Makuake」での先行予約期間は10月30日(土)まで。

10月に関東、関西、九州にて回収を行う

回収場所とスケジュールは以下の通り。

関東エリアの「アシッドコーヒー」(渋谷)、「DANTE COFFEE&COCKTAIL」(川崎)は、10月16日(土)に行う。

関西エリアは、「RIO COFFEE 芦屋本店」「RIO COFFEE 神戸北野店」「QoFFEE by rio coffee」(大阪市北区)は、10月2日(土)、10月3日(日) 、10月29日(金)。「ISTA COFFEE ELEMENTS」 (大阪市中央区)は、10月5日(火)、10月23日(土)。「NITO Coffee&Craft Beer」(大阪市北区)は、10月12日(火)、10月24日(日)。「THE Coffee time HOME 塚本店」「THE Coffee time 北浜店」は、10月19日(火)。「ノイカフェ 万博入口前店」は、10月24日(日)に行う。

九州エリアは、「KARIOMONS COFFEE ROASTER」(長崎西彼杵郡)、​「KARIOMONS COFFEE NAGASAKI」(長崎市)は、10月9日(土)。「COFFEE COUNTY KURUME」(久留米)、「COFFEE COUNTY Fukuoka」(福岡市中央区)は、10月10日(日)に行う。

名刺やポーチ、ブックカバーなどを製作


同ブランドは、「手の出しやすい価格の再利用商品であること」「シワ加工とラミネート加工を施すことで撥水性と耐久性のある紙製品であること」「いつどこのコーヒーカスで作られたのかがわかること」にこだわる。

同プロジェクトページでは、名刺作成を100枚¥2,500、500枚¥11,500で請け負うほか、ポーチ¥2,900、ブックカバー¥2,600などを販売している。全て税込、送料込みだ。

気になる人は「Makuake」で「Caffe Latte」をチェックしてみて。

画像をもっと見る

  • 9/21 23:24
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます