「瀬戸内造船家具」が、お取り寄せ通販サイト「島と暮らす」での取り扱いを開始

拡大画像を見る


アップサイクル・ブランドの「瀬戸内造船家具」を運営するオズマピーアール、浅川造船、ConTennaの3社は、せとうちDMOを構成する瀬戸内ブランドコーポレーションのグループ会社が運営する通販サイト「島と暮らす」での商品販売を9月15日(水)から開始した。

エコに取り組み新たな商品展開も

「瀬戸内造船家具」は、2020年6月の発売以来、全国各地の利用者から注文を受けてきた。ブランドの立ち上げから2年目を迎え、さらなる顧客接点の拡大、愛媛県や瀬戸内エリアを軸とした認知の向上に取組み、足元からできるエコに取り組んでいる。また、新たな商品展開も進めていく。

「島と暮らす」について

「島と暮らす」は瀬戸内海を囲む7県(兵庫県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県)の地域産品をインターネットにて販売している。魅力ある商品を生産・製造する事業者を掘り起こすことで、個人の食卓だけでなく、記念日の各種ギフトやビジネスシーンまで、幅広く利用できるサイトを目指している。産品を通じて瀬戸内の穏やかで豊かな暮らしを伝えることで“現地に訪れたくなる通販サイト”をコンセプトに運営し、観光産業の発展に繋げていく。

「瀬戸内造船家具」について

浅川造船がケミカルタンカーの建造時に使用した木材(主に足場板)を建設会社・PR会社と連携し、「瀬戸内造船家具」というブランドで家具にアップサイクルしている。足元からできるエコを大切にしながら、循環型社会に貢献していく。「瀬戸内造船家具」では、瀬戸内エリアを軸にアップサイクルのパートナーを募集している。

通販サイト「島と暮らす」で「瀬戸内造船家具」をチェックしてみて。

  • 9/21 23:24
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます