小栗旬、親交の深いムロツヨシからオファー受け『マイ・ダディ』出演決定

拡大画像を見る

ムロツヨシ初主演映画『マイ・ダディ』が、9月23日(木・祝)に公開される。この度、追加キャスト情報が解禁された。

本作は、CCCグループのカルチュア・エンタテインメント株式会社が主催し、これまでに『嘘を愛する女』『哀愁しんでれら』等、多くの良質な作品を世に生み出してきた映像クリエイター支援プログラム「TSUTAYA CREATORS'  PROGRAM(以下、TCP)」の2016年準グランプリ受賞作品。


監督・共同脚本を務める映像作家の金井純一が、2016年に開催された第2回TCPにおいて、総応募数422作品の中から準グランプリを受賞した企画。そんな本作の主人公・御堂一男を演じるのは、役者を始めて25年・今年45歳を迎える俳優ムロツヨシ。満を持して映画“初”主演をつとめ、愛する娘を救おうと奔走する、お人好しで誠実な父親を演じた。娘<ひかり>役は、第8回「東宝シンデレラ」オーディションファイナリストの新星・中田乃愛が演じる。また、ムロツヨシ演じる一男の妻であり、ひかりの母・江津子役には奈緒が出演。さらに、毎熊克哉、臼田あさ美、永野宗典、「平成ノブシコブシ」の徳井健太、光石研ら個性豊かな俳優陣も集結。主題歌を務めるのは、日本を代表するアーティストたちが集結したドリームバンド、カーリングシトーンズ。


そしてこの度、今まで明かされてこなかった物語のカギを握る探偵を、普段からムロツヨシと親交の深い小栗旬が演じることが解禁となった。ムロツヨシが演じる御堂一男の娘・ひかり(中田乃愛)がある日突然倒れてしまう。そして医師から白血病と告げられ、さらにはひかりと親子関係がないことも発覚。ひかりを助けるために、本当の父親を探すことを決めた一男が訪れる探偵事務所の探偵・長崎亮太を小栗が演じている。

今回の小栗旬の出演について、ムロツヨシは「探偵役はどんな人がイメージなのか?を監督と話していた時に「小栗だったらね」と提案したところ「それいいですね」と。その後、直接、映画に出てもらえないか、こういう役があるんだけどって言ったら「もちろん、出させていただきます」って。言ってみるものだなって。出てもらえて嬉しかったですね」と、ムロツヨシ自ら小栗へオファーをしたことを明かした。

小栗は「ムロくんから、初主演をする作品で一ついい役があるんで、もしタイミングさえ合えば出てくれないかみたいな話をされまして。撮影はあっという間でしたが、楽しかったです。かなり苦悩しているムロくんの姿を、少しだけでも垣間見ることができて、そこは非常にいい経験だったと思います」と、親交の深い小栗でも見たことのない、新しいムロツヨシの顔が見られたと撮影を振り返っている。

また、今回の解禁に合わせて、場面写真と新しい予告も公開となった。予告編ではこれまで明かされていなかった、一男の妻・江津子への複雑な気持ちも描かれている。

<ストーリー>

御堂一男(ムロツヨシ)は、中学生の娘・ひかり(中田乃愛)と2人暮らし。最愛の妻・江津子(奈緒)は8年前に他界。一男は小さな教会の牧師をしながら、ガソリンスタンドでアルバイトに励みつつ、ひかりを男手ひとつで育てている。思春期に突入したひかりはちょっぴり反抗的な時もあるが、優しくて面白いお父さんのことが大好き。牧師として多くの人に慕われ、たまに娘と些細な喧嘩をしながらも、2人の穏やかで幸せな日々は続いていく……と思っていた、ある日、突然ひかりが倒れてしまう。病院で下された診断は“白血病”。混乱し事実が受け入れられない一男だったが、担当医師からある衝撃的な事実を告げられる。なんと、愛する娘は、自分の実の子ではなかった。ひかりに適合するドナーは「数百万人に一人」という残酷な現実が一男をうちのめすが、「血縁者は適合率が上がる」という事実に気付いた一男は、ある思い切った行動に出る……。


■映画『マイ・ダディ』

9月23日(木・祝)全国ロードショー
出演:ムロツヨシ 中田乃愛 奈緒 毎熊克哉 臼田あさ美 徳井健太(平成ノブシコブシ) 永野宗典 小栗旬 光石研
配給:イオンエンターテイメント

(C)2021「マイ・ダディ」製作委員会


関連リンク

  • 9/21 22:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます