「堪忍袋の緒が切れた!」男性の別れたい前兆を決定的にする一言とは?

拡大画像を見る


彼氏から「そろそろ別れたいなぁ」という雰囲気がモロに出ていると、女性としてもイライラしてしまうでしょう。「どうしてそういう態度をとるわけ!?」のように怒りたくなることもあるかもしれません。
ですが、仮にそういう雰囲気が出ていても、彼も本気で別れを考えていない可能性もあります。単に疲れているだけというケースも少なくはないでしょう。
しかし、そんな時にイライラした女性が放った一言が原因で、別れが確実なものになることもあります。では、どんな一言が彼の「別れようかな」という気持ちを決定的なものにしてしまうのでしょうか。


「私のこと幸せにする気ある?」

彼がいつまでもプロポーズをしてくれなくて、それどころか別れたいオーラを出されるとイライラしてしまうでしょう。
そんな時「私のこと幸せにしてくれるって言ったじゃない!」と言いたくなるかもしれません。ですが、そんな言葉には要注意。
男性は「どうして俺だけがお前の幸せのために頑張らないの?」と思ってしまうでしょう。結果的に男性から「幸せにはできないから別れたい」と言われてしまう恐れもあります。


「ねぇいつ結婚するの?」

男性が煮え切れない態度だと「プロポーズはまだ?」や「いつ結婚するの?」と男性を責めてしまう女性も多いですが、その言葉もNGです。
そもそも、プロポーズは男性がするものという決まりはないのに、女性が待つだけの姿勢だと、それだけで男性をイライラさせるでしょう。
「これからもずっと俺がリードするのは無理だわ」と思われて別れたいと言われてしまう恐れがありますよ。


「私だって他の人探しても良いんだよ?」

男性がはっきりしない態度だと、そんな男性の態度が嫌になって他の男性と比較したくなるでしょう。しかし、別れてないのに他の男性の名前を出すのはおすすめできません。
「私だって意外とモテるんだよ?」のように言ってしまうと「じゃあ、その男と付き合えば?」と思われてしまうでしょう。
男性は一途な女性が好きなので、いくらイライラしても他の男性の名前は出してはいけません。


あなたの何気ない一言で男性の別れスイッチを刺激するかも......

男性が本気で別れたいと思っていなくても、少し愛情が冷めた時に彼女の何気ない一言で別れを意識することがあります。
男性に最後の一歩を踏ませないよう、男性が疲れている時や倦怠期には発言にいつも以上に気を付けてくださいね。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 9/21 21:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます