さらば森田、アインシュタイン河井、相席山添…実力派な「ネクスト川島明」戦線が熾烈!

“朝の大喜利番組”としてお笑い業界から大好評のTBS系『ラヴィット!』でMCを務める麒麟川島明。堅実なトークと瞬発力のあるボケ、そして的確で大きな笑いを生み出すツッコミ……まさにオールマイティーな活躍を見せる川島だが、バラエティー番組界隈では“ネクスト川島明”の発掘が進んでいるという。

「川島さんは、何か大きなきっかけがあってブレイクしたというのではなく、徐々にその実力が認められ、多くのスタッフからの信頼を勝ち取り、売れていったというパターン。このパターンの芸人さんはもちろん実力派だし、いろいろな番組に対応できることが多く、息の長い人気になりますね。バラエティー番組としてはもっとも欲しい人材です」(制作会社スタッフ)

 いま、“ネクスト川島”として注目されているのが、さらば青春の光の森田哲矢だ。元テレビ東京の佐久間宣行プロデューサーも、今後バラエティー番組を担っていくであろう芸人の1人として森田の名前を挙げたこともあった。

「森田さんはネタも面白いし、トークもできる。自分で企画を出すこともあるし、制作サイドの意向に合わせてヨゴレ役もできる。川島さんのような落ち着いたタイプではないですが、実力でのし上がっていくのは間違いないでしょう。ただ、ちょっと声が大きく下品なイメージなのがネックではあります。落ち着いた芸風になってもその実力は色褪せないはずなので、今後は変わってくるかもしれないですけどね」(同)

 森田のほかに“ネクスト川島”の候補として名前が挙がっているのが、アインシュタインの河井ゆずるだ。バラエティー番組に携わるテレビ局関係者はこう話す。

「アインシュタインというと、どうしても稲田さんに注目が集まりがちですが、河井さんも結構な実力者。仕切りも上手いですし、ツッコミも定評があります。そのうえで、周囲の芸人からも慕われていて、後輩からイジられることも多い。フットボールアワーの後藤さんのように“主役になれるツッコミ”としてブレイクする可能性は十分にあります」

 そして、仕切りが上手いツッコミ芸人として、もうひとり注目されているのが、相席スタートの山添寛だ。

「山添さんは、相方のケイさんに借金をしているということもあり、最近は“クズ芸人”として人気ですが、それだけでなく仕切りもトークもできるんですよね。言わば、クズキャラのせいで過小評価されているんです。でもいま“クズキャラ”があるからこそ、真の実力が発揮された時に高く評価されやすいともいえる。そろそろ実力派な山添さんにスポットが当たる頃でしょう」(同)

 さらに、昨年のM−1グランプリで決勝に進出し一気に知名度を高めた、錦鯉のツッコミ担当・渡辺隆もまた実力派だという。

「錦鯉もやはりキャラクターが濃い長谷川さんが前に出ていますが、長谷川さんを動かしているのは渡辺さんです。事務所の先輩のバイきんぐも渡辺さんにネタの相談をするくらいですし、その実力は折り紙付き。イメージ的にはオードリーの若林さんに近いものを感じますね。渡辺さんこそがバラエティーで活躍する日も近いと思います」(構成作家)

さらに、“ネクスト川島”というよりは、“ネクスト有吉弘行”の可能性を秘めているというのが、ウエストランド・井口浩之だ。

「井口さんは、とにかく毒舌の切れ味が鋭い。妬み嫉みから笑いを生み出す力もあり、視聴者からの共感も得られやすい。井口さんは大声で叫ぶタイプで、有吉さんと全く同じということではないのですが、毒舌がちゃんと笑いになるという点では、その系譜にあります。もう少しテレビ慣れしていけば、一気にブレイクもあるかもしれません」(同)

“ネクスト川島”となりそうな実力派の芸人が、数多く控えている今のお笑い業界。彼らのサバイバルも熾烈になりそうだ。

 

 

 

 

  • 9/21 18:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます