「もう少し考えたい!」キープしておきたい男性に送るLINEのコツはこれ!

拡大画像を見る


とある男性に告白されたからといって、すぐに付き合うと決められるとは限りません。
たとえば好きな人がいるのに意識していなかった男性から告白されたら考える時間がほしいですし、彼氏がいらないと思っていても告白されたら悩むこともあるでしょう。
優柔不断な人の場合、少し時間をもらうだけでは決められないので必然的に男性を「キープ」の状態にしたいと思うこともあるかもしれません。ですが、ストレートに男性に「キープさせて」とは言えないでしょう。
そんな時、相手に悟られずにどうキープすれば良いのか、LINEでのコツを紹介します。


たまには自分から誘う

男性をキープするということは、あなたの方が少し有利な立場に立つことになります。必然的に、男性が誘ってあなたが予定を確かめるというケースが多くなるでしょう。
しかし、いつもあなたが受け身のままだと男性は脈ナシだと判断してしまい、あなたを諦めてしまうかもしれません。
それではキープが成り立たないので、たまには男性をあなたから誘いましょう。自分からも脈アリのような態度を見せるのが上手なキープのコツです。


相手からの誘いを断る時は残念そうに

相手から誘われても都合が悪かったり、あるいは本命の男性から誘われたりして断らなければならない時もあるでしょう。
そういう時は、残念そうな雰囲気で断りましょう。「今度は絶対に遊ぼうね」や「ごめんね!でも次は会いたいな」のような言葉を入れることで信憑性が高まります。可愛いLINEスタンプで謝るのもおすすめですよ。


直接的な話題は上手に避ける

上手にキープしていても、キープ期間が長くなると相手も「そろそろ返事を」と言ってくるでしょう。
ですが、答えが出ていない時は返事ができません。そのため、相手が返事のほしそうな雰囲気になったら上手に話題を逸らすなど、時間稼ぎをしましょう。
程よい距離を保つのが男性をキープし続けるためには重要です。


気持ちが決まらない時は上手く男性をキープしよう!

告白自体は嬉しくても、すぐに返事が出せない時はあるでしょう。そういう時は、思い切って男性をキープするのも悪いことではありません。
しっかり考えたい場合は、誠実であるように注意しながらコツを掴んで男性をキープしてみましょう。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 9/21 21:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます