あなたは大丈夫...?男性に嫌われる「ステメの特徴」をご紹介!

拡大画像を見る


LINEのステータスメッセージ、いわゆるステメは個人の個性が大きく出る部分です。他の人よりも目立とうと思って、色々考えて設定している人も多いのではないでしょうか。
しかし、実はそのステメが原因で男性に嫌われてしまうこともあります。個性が出るからこそ「この人とは無理!」と思われることがあるのです。
どんなステメが男性に嫌われるのか、特徴を3つ確認してみましょう。


ネガティブなステメ

誰にでも落ち込む時はありますが、それをステメに書くのはおすすめできません。ネガティブなステメを設定してしまうと、男性からはメンヘラのかまってちゃんだと思われる恐れがあるでしょう。
また、何か腹立つことがあった時に「ムカつく!」などのステメもおすすめできません。男性からヒステリーな女性だと思われるリスクがあります。
嫌なことがあった時は、LINEのステメではなくTwitterなどで発散するようにしましょう。


歌詞や小説の引用

自分の気に入った歌詞や小説を引用する人も多いでしょう。しかし、同じ趣味の人なら楽しく読めますが、そうではない場合は単に自分に酔ってかっこいい言葉を並べている人だと思われる恐れがあります。
特に、あまり有名ではない歌詞や小説を引用すると、誰にも伝わらずに恥ずかしい思いをする恐れもあるでしょう。同様に、格言やことわざなども「意識高い系?」と思われる恐れがあるので注意が必要です。


長すぎるステメ

ステメが長すぎても男性から「なんかこだわりが強くて面倒そうな人だなぁ」と思われてしまう恐れがあります。ステメはあくまで、ちょっとしたメッセージ。
そこで長々と書いてしまうと「自己主張大好きなの!?」と思われても仕方ないでしょう。「〇〇って良いよね」や「〇〇に行きたい!」のように、短くて明るい雰囲気のステメの方が男性に好かれますよ。


ステメで一気に好感度が落ちることもあるから注意!

個性を出せるステメなので、他の女性とは違った個性を出したいと張り切る人も多いでしょう。
しかし、張り切りすぎると変なステメになってしまって男性に引かれる原因になることもあります。ステメを設定する時は、男性ウケも考えながら設定するようにしてくださいね。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 9/21 20:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます