一気に恋愛対象に?男友達をドキドキさせて「恋を始めるLINEの特徴」をご紹介!

拡大画像を見る


「男友達はいるのに、なかなか恋人ができない」と嘆いている女性は多いでしょう。しかし、それは出会いがあるのに自分で活かせていない状況なので、非常にもったいない状況です。
もし頻繁にLINEができるほど気が合い、恋人としても上手く付き合っていけそうな男友達がいるのなら、自分自身のテクニック次第で今すぐにでも恋を始めることができるでしょう。
では、どんなLINEをすれば単なる男友達をドキドキさせて恋のきっかけを作ることができるのでしょうか。


相手の好きなタイプを聞いてみる

頻繁にLINEをしていても、友達同士の雑談LINEでは意味がありません。恋愛を始めたいのなら、多少強引にでも恋バナをして相手に意識してもらいましょう。
おすすめの話題は、相手の好きなタイプを聞いてみることです。「突然だけどさ~」と切り出し、相手からタイプを聞けたら「私みたいな?」とか「私はちょっと遠いねぇ」のように返し、相手を意識していることをアピールすると良いでしょう。


彼氏がほしいけど出会いがないことをアピール

単なる恋バナで終わると、相手も「たまたま恋バナしたい気分だったのかな?」と思うだけで終わりかねません。
さらに意識してもらうためには、自分が今フリーだけど彼氏を探していることをアピールしましょう。相手の反応が良ければ「〇〇みたいな彼氏だったら良いのに」とストレートなアピールもおすすめです。


二人で遊びに行くことを「デート」と言ってみる

今まで二人で遊びに行く時「飲みに行こう」のような誘い方をしていなかったでしょうか。それでは、いつまで経っても仲の良い異性の友達で終わってしまいます。
相手に意識してもらいたいなら「デートしよう」のように言い方から変えてみましょう。単純なテクニックですが、LINEで「デート」と送られるだけでドキドキする男性は多いと言われているので、意外と馬鹿にできませんよ。


身近な男友達とは恋のチャンスが生まれやすいかも!

仲の良い男友達とは、気が合うため付き合っても上手くいく可能性が高いでしょう。お互いにフリーなら、ちょっとしたテクニックで恋が生まれる可能性もあります。
もし相手のことが少しでも気になるなら、試しに意識させてみてはいかがでしょうか。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 9/21 19:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます