「もう潮時かも」カップルが別れを考えるきっかけ4選

拡大画像を見る


大好きな彼と長く付き合っていきたいなら「どんなことが別れにつながるのか」は把握しておくべきでしょう。
これからご覧いただくのは、カップルが別れを考える主なきっかけ4つ。こうした状況を作らなければ、彼との別れは回避できるはずです。


会いたいと思わなくなった

カップルが別れを考えるときは、相手に会いたいと思わなくなったとき。
会うことになって「面倒くさい」「他のことを優先したい」と思ったとき、自分には相手が必要なくなったと別れを考えるのです。
付き合い始め、何よりも優先していた恋人をそう思い始めたら潮時なのかもしれません。


マンネリになった

恋人と長く付き合い、刺激がなくなったことで別れを考えるカップルも多いでしょう。
相手とのスキンシップでドキドキしない、話すことがなくて沈黙ばかり続く、といった状況になれば、別れを考えるのも無理はないですよね。
ただ、どのカップルにもマンネリの時期は訪れます。
そのときにどう乗り越えていくか、あるいはどう付き合えばマンネリになりにくいのか、ラブラブのうちから考えておくべきですね。


ケンカが増えた

ケンカが増えれば一緒にいたいと思うこともなくなるはず。「またケンカになるだろうし」と思い、本音をぶつけることもしなくなるでしょう。
また同時に「この人とは合わないのかも」「価値観が違いすぎる」と感じるもの。そこで別れを考えるカップルも少なくありません。


将来が見えない

片方には強い結婚願望があり、もう片方にはまったくないといったように、将来に対する考え方の違いで別れを考える人も多いです。
とくに結婚願望がある方は、「このまま付き合っていても時間の無駄」「早く次の恋愛をした方がいいかも」と考えるもの。
そのため、別れを考え始めてから行動に移すまでは早いようです。

今順調な付き合いをしているカップルにも、このような状況は訪れるでしょう。そのときどう対処するか、今のうちから考えておくとよいかもしれませんね。
「いつまでも彼と一緒にいたい」と思うならなおさらです。

関連リンク

  • 9/21 17:01
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます