パナソニック、新家電戦略のデジタル製品第一弾は「レイアウトフリーテレビ」 業界初の4K無線伝送を実現

拡大画像を見る

 パナソニックは「一人ひとりに“ちょうどいい”くらしへ。」という新しい家電事業のスローガンを掲げるデジタル家電製品の第一弾として、業界初の4K放送無線伝送技術を搭載した43型4K液晶テレビのビエラ「レイアウトフリーテレビ TH-43LF1」を発表した。チューナー部とテレビ(モニター)部を分離することでテレビのアンテナ線接続が不要となり、部屋のどの位置にも移動できるレイアウトフリーを実現した。発売は10月22日からで価格はオープン、実勢価格は24万円前後の見込み。

●家具にテレビが寄り添う新しい形


 TH-43LF1は、テレビ(モニター)部に電源ケーブル1本を接続するだけでいい。テレビ(モニター)はキャスター付きスタンドを採用することで、壁寄せにしたり、部屋の中央に設置したり自由なレイアウトが楽しめる。
 これまでユーザーが抱えていた「テレビの位置によって家具のレイアウトが制限されていた」という不満を解消し、逆に家具の位置に合わせてテレビをレイアウトするといった使い方が可能になった。
 チューナー部には2TBのハードディスクを内蔵。新4K衛星放送対応チューナー2基を含む3チューナーを搭載するため、新4K衛星放送の裏番組録画も可能だ。
 またネット動画サービスにも対応。録画機器などを別途用意する必要がなく、1台で見たいコンテンツを好きな場所で楽しめる。
 さらに無料のスマートフォン(スマホ)アプリ「どこでもディーガ」を使うことで、外出先で録画済み番組や放送中の番組の視聴、番組録画予約に加え、スマホの写真をチューナー部に保存したり、大きな画面でスライドショー再生したりすることもできる。
 加えて、「一人ひとりに“ちょうどいい”くらしへ。」を実現する新しいサービス「音声プッシュ通知」にも対応する。これは、パナソニックのIoT対応家電の動作状況などを、テレビの音声で知らせてくれるサービス。例えば、洗濯が終了する際は「洗濯がまもなく終了します」などと音声で知らせてくれる。
 他にも白物家電の新製品ではエアコン「LXシリーズ」とコードレススティック掃除機「MC-NS10K」を発表。現在のパナソニックの家電全体の販売で3割のIoT家電構成比を、2024年度に6割に高め、1000万人の会員化を目指すという。(BCN・細田 立圭志)

関連リンク

  • 9/21 18:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます