【地方競馬】大井・ゴールドジュニアの売得金は2億9333万8300円で売上レコードを記録

拡大画像を見る

 20日に大井競馬場で行われた第2回ゴールドジュニアの売得金は2億9333万8300円で、対前年比で115.8%の増加となった。

 また、第2回ゴールドジュニア当日の売得金は11億297万8710円となり、こちらも対前年比では102.4%のプラスとなった。

◆第2回ゴールドジュニア
2億9333万8300円 対前年比で115.8%
(昨年のゴールドジュニアの売上は2億5335万6800円)

◆第2回ゴールドジュニア当日の1日売得金額
11億297万8710円 前年比102.4%
※うちSPAT4LOTOは2480万2710円
(昨年のゴールドジュニア当日の1日売得金額は10億7680万3700円)

(TCK特別区競馬組合のリリースより)

関連リンク

  • 9/21 14:15
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます