大腸がん手術の桑野信義「皆んなに痩せたなあと言われるけど」退院後初のバラエティー

拡大画像を見る

 今年2月に大腸がんの手術を受けたミュージシャンでタレントの桑野信義(64)が21日、ブログを更新。術後初めてとなるバラエティー番組出演を報告した。

 桑野は昨年秋、ステージ3~4の大腸がんと診断され、抗がん剤治療を8回繰り返し、がんが小さくなったことから、今年2月、14時間に及ぶ手術を受けた。がんは肛門近くにあり、転移していたリンパ節のがんも切除。術後は再び抗がん剤治療を再開したが、あまりのつらさで、4月に中止したという。7月7日、鈴木雅之のコンサートにサプライズ出演し、ステージ復帰を果たしている。

 20日夜に放送されたBSフジ「クイズ!脳ベルSHOW」(21日も放送)に出演した桑野は「昨夜は退院後初のバラエティ番組に出演」「テレビスタジオの空気が懐かしくてね しかも入院中見ていた番組に出演できたからとても嬉しかった」と報告した。

 テレビ画面を通じてもかなり痩せたことが分かったが、「皆んなに痩せたなあ!と言われるのだけれど 元の姿に戻ったんです(笑) 今までがずっと不健康に太ってたのであって主治医の先生も認めるベスト体重なんだよ」と前向きにとらえた。

 さらに「節制してるお陰で身体の各数値が平常に戻ってるんだもん」と体重減でさまざまな数値がよくなっていることを明かしている。

関連リンク

  • 9/21 17:23
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます