元欅坂46織田奈那、ムードメーカーとして愛されたアイドル時代。卒業後はインフルエンサーの道へ

拡大画像を見る

 現在、女優やYouTuberとして活動している元欅坂46(現櫻坂46)の織田奈那。2021年8月27日から公開の映画『遊星王子2021』でヒロインを務めるなど、女優としての活躍も目立ってきている。欅坂46の卒業後は、それほど目立った活動がなかった彼女ではあるが、アイドル時代には欅坂46のムードメーカー的な立ち回りで、グループにとって欠かすことのできないメンバーだった。

 小さい頃からアイドルに憧れていた織田は、2015年に欅坂46の1期生オーディションを受け合格。2017年にリリースされた4thシングル『不協和音』では初のフロントに抜擢され、グループの代表曲とも言える楽曲でパフォーマンス面でも大きく貢献した。

 また石森虹花、齋藤冬優花、佐藤詩織、土生瑞穂らとともにユニット「五人囃子」としても活動しており、『少女には戻れない』や『結局、じゃあねしか言えない』などの楽曲を発表。

 織田は温和な性格からメンバーから相談を受けることも多かったようで、レギュラー番組『欅って、書けない?』(テレビ東京)では「徹底解明!オダナナはなぜモテるのか?」という企画まで実施。お母さん的存在として多くのメンバーから慕われており、織田のキャラクターはグループの雰囲気を明るくしてくれていた。

 今でこそ櫻坂46として再スタートを切り、以前持たれていたようなクールなイメージは薄れていっているが、織田が在籍していた当時、欅坂46はバラエティでの活動には不慣れな雰囲気があった。その中でも、バラエティにおいてとりわけ力強い印象を残したのが織田だった。

 初めてテレビ出演となった『欅って、書けない?』でも、すっぴんで前屈というシュールな紹介動画で強烈なインパクトを残し、MCの土田晃之と澤部佑からも一目置かれるように。当時の欅坂46はバラエティで突出したメンバーが少なく、どちらかというと控えめなメンバーが多かったこともあって、バラエティにおけるムードメーカーとして織田はどんどん頭角を現していった。

 例えば、同番組における「はじめてのリアクションチェック」という企画で富士急ハイランドの戦慄迷宮を訪れた織田は、恐怖を拭おうとオネエ口調で話し始め、スタジオを爆笑の渦に包み込んだり、「インテリ女王決定戦」では織田が誤って回答ボタンを押した際、「越後製菓!」とウィットに富んだ回答を披露しMCの2人を唸らせたりと、織田はバラエティで大きな爪痕を残してきた。

 織田がいなければ番組が回らないと言えるような場面も多く、MCの2人も彼女に対しては絶大な信頼を置いて接しているのが伝わるほどだった。バラエティにおいて潤滑油のような役割を果たしていた織田の存在は非常に大きかったのだと改めて思う。

 欅坂46のバラエティ担当として一翼を担った織田だったが、2020年1月にグループからの卒業を発表。同月には絶対的センターの平手友梨奈の脱退と鈴本美愉の卒業が発表されるなど、織田を含めたグループの主要メンバーの卒業が相次ぎ、グループは大きく揺らぐことなった。その後のバラエティにおける雰囲気を見ていても、織田がどれだけ偉大な存在だったのかを実感させられた。

 卒業発表後、織田はGROVE株式会社に所属し個人で活動を始め、YouTubeやTikTokなどインフルエンサーとして活動しており、アイドル時代には見られなかったパーソナルな部分も発信している。今回の映画の主演は女優業への1歩とも考えられ、これから役者としての活躍も期待できるだろう。

織田奈那プロフィール

 1998年6月4日生まれ、静岡県出身。愛称はオダナナ。2015年8月21日、欅坂46の1期生オーディションに合格。2016年4月6日に1stシングル『サイレントマジョリティー』でデビューを果たす。2017年4月5日にリリースされた4thシングル『不協和音』で初のフロントメンバーに選ばれた。

 2018年には短編映画『未来のあたし』で初主演を果たし、同作が国際短編映画祭の「ショートショートフィルムフェスティバル & アジア」のジャパン部門にノミネートされた。同年10月には「平成30年度 浜松市やらまいか大使」に就任。

 2020年1月に欅坂46からの卒業を発表。InstagramやTikTokなど各種SNSを開設するほか、YouTubeチャンネルを開設し、現在はインフルエンサーとして活動している。2021年8月公開の映画『遊星王子2021』にヒロイン役で出演。

関連リンク

  • 9/21 17:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます