新しい地図、NHKとの蜜月関係と視聴者の高評価で紅白への出演が濃厚!?

拡大画像を見る

 元SMAPでプロジェクト名『新しい地図』として活動する、俳優の稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾によるNHK Eテレの新番組『ワルイコあつまれ』が、13日午前8時25分からスタートした。

 事前の宣伝・予告が一切なく、各メディアが記事を掲載したのも放送開始後。番組は、コロナ禍の下、誰もが自由に外出ができない中、3人が「子どもも大人も楽しく笑いながら社会を学べたら」というコンセプトで誕生したという。

 好奇心を持って多様な価値観に触れようとするすべての人を、あえて「ワルイコ」と呼び、オムニバス形式で「学び」のきっかけにつながる、さまざまな企画コーナーを放送する予定だ。

 初回の放送では、『タイムスリップトーク 慎吾ママの部屋』では香取が扮した慎吾ママはおなじみの「おっはー!」と元気よくあいさつ。歴史の偉人を迎えてトークするコーナーで、第1回のゲストは大河ドラマ『青天を衝け』から江戸幕府十五代将軍の徳川慶喜に扮した草なぎが登場した。

「かなり攻めた企画だったが反響は大きかった。朝の放送では、『慎吾ママ』がツイッターのトレンドで1位を獲得。同日午後7時25分からの再放送さでは、『#ワルイコあつまれ』がトレンド1位となり、再びSNSをにぎわせた。次回放送は20日午後7時25分、再放送は23日午前9時だが、いずれも祝日だけに、またまたネットをにぎわせることになりそうだが、NHKとして、世間がどんな反応をするかをうかがうための宣伝・予告なしの放送だったと思われる」(テレビ局関係者)

 ジャニーズ事務所を退所した3人を積極的に起用しているNHKだけに、同局との蜜月ぶりからおおみそかの紅白出場の可能性を各メディアが報じている。しかし、現実的には出演の可能性が高いようだ。

「契約上、3人はSMAPの楽曲を歌うことができないはずので、オリジナル楽曲はリリースしているものの、世間的に知られている楽曲はない。それに、歌唱して白組として出場する場合、ジャニーズが難色を示すはず。今年は東京五輪・パラ五輪が開催され、両大会を振り返るコーナーが設けられるはず。3人は2018年から国際パラリンピック委員会(IPC)特別親善大使をつとめ、今大会では聖火リレーの最終走者や選手にメダルを授与するプレゼンターも務めた。そこで、紅白で大会を振り返る役割が適任だろう」(芸能記者)

 SMAPとしての紅白出場は、解散前年の2015年が最後。たとえ3人でも6年ぶりの〝復帰〟をファンは心待ちにしているはずだ。

  • 9/21 12:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます