マンU、今季リーグ戦7アシストのポグバ退団ならミランMFケシエ獲得か

拡大画像を見る

 マンチェスター・Uはフランス代表MFポール・ポグバがフリーで移籍した場合、ミランのコートジボワール代表MFフランク・ケシエを獲得候補としているようだ。20日、スペインメディア『ムンド・ディポルティーボ』が報じている。

 マンチェスター・Uと2022年までの契約を結んでいるポグバは今シーズン、リーグ戦5試合で7アシストと好成績を残している。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの加入で残留の可能性が増したと報じられる一方で、来夏フリーで退団する可能性もある。バルセロナやパリ・サンジェルマンがポグバに興味を示しているようだ。

 ポグバがフリーでチームを退団した場合の後継者として浮上しているのがケシエだ。昨シーズンはリーグ戦で13ゴールの活躍。ミランの2位フィニッシュとチャンピオンズリーグ本戦出場に大きく貢献した。契約はポグバ同様2022年までとなっており、同選手も来夏フリーで獲得できる可能性が大きい。

 仮にマンチェスター・Uがケシエ獲得に乗り出した場合でも、その獲得競争は熾烈を極めそうだ。昨夏にオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムの獲得に失敗したバルセロナや、同選手に2倍の給料を提示して結局ワイナルドゥムを獲得したパリもケシエに興味を示しているという。また、トッテナムやリヴァプール、ユヴェントスの名前も挙がっており、引く手あまたのケシエの動向が注目される。

関連リンク

  • 9/21 9:14
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます