90分にアラウホの同点弾…バルセロナ、ホームでグラナダと痛恨ドロー

拡大画像を見る

 ラ・リーガ第5節が20日に行われ、バルセロナがホームにグラナダを迎えた。

 試合は開始早々にスコアが動く。2分にグラナダがコーナーキックを獲得すると、セルヒオ・エスクデロのクロスにドミンゴス・ドゥアルテが頭で合わせてゴールネットを揺らす。ここまで4試合で勝ちが無く、アウェイでの得点もなかったグラナダが先制に成功した。

 バルセロナは18分、コーナーキックのチャンスで、フィリペ・コウチーニョのクロスを受けたセルジ・ロベルトが右足でコースを狙う。しかしシュートはゴールポストに嫌われ得点とはならない。

 バルセロナは45分、フリーキックを獲得すると、メンフィス・デパイが中央に放り込んだボールにロナルド・アラウホがピッタリと頭で合わせるがGKの好セーブに阻まれる。このプレーで獲得したコーナーキックからも決定機を迎えるが枠を捕えることができなかった。

 終始押し込む展開が続くバルサだがなかなか得点を生むことができない。79分にもコーナーキックからルーク・デ・ヨングが強烈なヘディングシュートでゴールを脅かすが、シュートは枠の上に外れた。

 それでも90分、ジェラール・ピケがエリア内でボールを落とすと、ガビのクロスにアラウホが頭で合わせてついに得点。攻め続けたバルセロナが終盤に同点に追いついた。

 しかし以降得点は生まれずそのまま試合が終了。ホームのバルセロナは序盤に失点し、得点のチャンスを多く得たものの決定機を欠き、結果1-1のドローに終わった。

【スコア】
バルセロナ 1-1 グラナダ

【得点者】
0-1 2分 ドミンゴス・ドゥアルテ(グラナダ)
1-1 90分 ロナルド・アラウホ(バルセロナ)

関連リンク

  • 9/21 7:11
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます