BTS、SDGs・未来世代のため国連演説「変化に怯えるより“ウェルカム”と」異例のパフォーマンスも

【モデルプレス=2021/09/21】BTSが、20日に開催された国連総会特別行事「持続可能な開発目標(SDGs)モーメント」の開会セッションで、青年と未来世代を代表して演説を行った。

◆「青年世代・未来世代のメッセンジャー」BTSが国連で演説

2018年と2020年に続き、今年で3度目の国連で演説をすることになったBTS。今回は未来世代の声そのものを全世界に伝えるメッセンジャーの役割を担い、国連総会でメンバー全員が韓国語で演説した。

BTSは国連総会に出席する前に公式SNSで「皆さんにとって、過去2年はどうでしたか、今はどんな世界を生きていますか?」と尋ね、未来世代についての声を聞いた。 世界中からさまざまなエピソードが殺到し、BTSはSNSを通して送られてきた写真や書き込みを紹介し、未来世代に代わって声を上げた。

国連総会で開かれた「持続可能な開発目標モーメント」の開会式で演説した文在寅大統領の紹介を受けて壇上に上がったBTSは、自然と共存する姿を撮った写真、気候変動など環境に対する未来世代の考え、新しい方法で友達に会い勉強を始め、より健康に生きていくために努力する人々の話などを紹介しながら共感し、感嘆した。

BTSは勇気を出して挑戦している未来世代の話に「コロナによる『ロストジェネレーション』ではなく、『ウェルカムジェネレーション』という名前がふさわしい。 変化に怯えるよりはウェルカムと言いながら前に進んでいく世代という意味」と強調。

彼らはワクチン接種の重要性についても言及し、「すぐに顔を合わせて会える日も遠くない」とし、「すべての選択は変化の始まりだ。 新たに始まる世の中でお互いに“ウェルカム!”と言いたい」と演説を締めくくった。

◆国連を背景に繰り広げた「Permission to Dance」パフォーマンス

BTSは演説に続きパフォーマンスも披露し、世界の人々の注目を集めた。 メンバーたちは国連総会の会場からスタートし、総会ロビー、庁舎入口、芝生の広場を次々と歩き回りながら7月9日に発売した「Permission to Dance」を熱唱した。

黒いスーツ姿のBTSは、終始明るく軽快なパフォーマンスを披露。 特に7人のメンバーがそれぞれ違う国連庁舎の出入り口から野外に舞台を移した後には「Permission to Dance」特有の自由奔放ではつらつとした魅力がいっそう際立った。

芝生の広場で繰り広げられた曲の後半部には数多くのダンサーたちが参加。 BTSはダンサーたちと一緒に「楽しい」、「踊ろう」、「平和」を意味する国際手話を活用した振り付けで魅了した。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/21 14:45
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます