フジ伊藤アナ 上司ガチャに「その上司はもういなくなりました」で坂上忍爆笑

拡大画像を見る

 フジテレビの伊藤利尋アナウンサーが21日、フジテレビ系「バイキングMORE」で、“上司ガチャ”について「その上司はもういなくなりました」と発言し、坂上忍を爆笑させた。

 番組ではネットなどで注目されている「親ガチャ」問題を取り上げた。自分の環境や容姿などが、親の影響が大きいとすることで、当たり、外れという意味を込めて「親ガチャ」と呼んでいることで、今は他にも「上司ガチャ」「新人ガチャ」「姑ガチャ」などの言葉もあると紹介している。

 坂上忍はコーナーを締めくくる言葉として「諦めるのは簡単だから頑張って欲しい」と言うと、伊藤アナも「今の社会の奥深い部分の問題を指す言葉の一つじゃないかと感じました」とコメント。

 すると坂上が「上司ガチャ…」と笑うと、カメラが「上司ガチャ」のパネルを拡大。そこには「上司ガチャで大ハズレ引いた。仕事が遅い上に無駄な指示が多い。この職場で定年まで働くなんて…」という言葉が紹介されていた。

 伊藤アナはその言葉を黙読すると「いやまあ、大丈夫です。その上司はもういなくなりました」と発言。するとスタジオの坂上は大爆笑。ブラックマヨネーズの小杉竜一も「やめなさい!」と即ツッコんでいた。

関連リンク

  • 9/21 13:15
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます