IMPACTors「SPUR」初登場 コンセプトは“本当はかっこいいのに、ちょっと残念な仲良し男子7人組”

【モデルプレス=2021/09/21】ジャニーズJr.内グループ・IMPACTorsが、9月22日発売の雑誌「SPUR」11月号で、同誌に初登場する。

昨年10月に生放送の音楽番組内でグループ結成が発表されるという、異例の経緯を持つIMPACTors。

創刊32周年記念号となるこの号は『未来は、アートの中に』が大きなテーマ。レベルの高いアーティスティックなダンスパフォーマンスが特徴の彼らがこのテーマにぴったりだと考えた編集部からの出演オファーが叶った。

◆コンセプトは“本当はかっこいいのに、ちょっと残念な仲良し男子7人組”

グループを象徴するテーマカラーは“黒”と“ピンク”。黒づくめの衣装に、鮮やかなピンクのグローブで踊る姿はクールなものの、今回は普段とは少し違う新鮮な彼らの姿を見てみたいという思いから、撮影のヒントにしたのは80年代の青春映画の巨匠と言われるジョン・ヒューズ作品。

「プリティ・イン・ピンク」「すてきな片想い」「ブレックファスト・クラブ」……恋模様に悩んだり、友達とくだらないことを話して笑ったり。“本当はかっこいいのに、ちょっと残念な仲良し男子7人組”というのが今回の演出コンセプト。スクールライフを想定して、ネイビーのブレザーに白シャツ、キュートな動物ニットにコーデュロイのセットアップ、キャップにフーディーにブルゾン……プレッピールックと、もうひとつはグループを象徴する色である“ピンク”をキーにしたスタイリング。いつもと違うチャーミングな表情に注目だ。

特集名にもある『僕らの日々は、始まったばかり』。先を見すえて言葉を紡ぐ、彼らのまっすぐなインタビューとなっている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/21 13:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます