亀梨和也が一瞬「失望」、「登録者数280万人」二宮和也『ジャにのちゃんねる』を「KAT-TUNの宣伝」と断言の中丸雄一にファン号泣!

拡大画像を見る

 9月20日深夜、2021年3月にデビュー15周年を迎えたKAT-TUNの月1レギュラー番組『何するカトゥーン?』(フジテレビ系)が放送され、メンバーの中丸雄一(38)の誕生日が祝われた。

「番組では、亀梨和也(35)、上田竜也(37)がお手製の花束や中丸の好物であるミルクレープを用意したほか、事前の偽アンケートでリサーチした中丸の欲しいものをそれぞれプレゼントしました。そこで亀梨は中丸に、『LaMetric Time アプリ付きWi-Fi時計』というアイテムをプレゼントしました。

 中丸が、“あー! めっちゃ嬉しい”と喜びの声を上げたこの時計は、リアルタイム情報ディスプレイという、ネットを通じて好きな情報を表示できる機能があり、中丸は“YouTubeチャンネルの登録者数を表示させたい”と時計の用途について話しました」(女性誌ライター)

 中丸は、嵐の二宮和也(38)を中心にHey!Say!JUMPの山田涼介(28)、SexyZoneの菊池風磨(26)が参加するYouTubeチャンネル『ジャにのちゃんねる』のメンバーに名を連ねている。

「亀梨は、中丸から時計の使い道を聞いて、“KAT-TUNじゃなくてジャにのちゃんねるの方ね”と笑顔ながら使いみちに少しガッカリしているようなトーンでコメントしました。その後亀梨は、“ジャにのちゃんねるで使ってもらえるなら本望よ”ともコメントしたのですが、中丸はそんな亀梨に対して“いや、あれ(ジャにのちゃんねる)はKAT-TUNの宣伝のチャンネルですから”と返したんです」(前同)

■中丸の“KAT-TUNの宣伝のチャンネル発言”に「泣いた」の声

 中丸の「ジャにのちゃんねるはKAT-TUNの宣伝のチャンネルですから」というコメントに対して、視聴者からは「KAT-TUNの宣伝の番組ですからは泣いた」「ジャにのちゃんねるのこと『KAT-TUNの宣伝のチャンネル』ってサラッと言ったのめちゃくちゃグループ愛感じた……泣ける」「ジャにのちゃんねるでKAT-TUNの宣伝をしてるつもりの中丸くん、ありがとう!」などの声がネット上に多く寄せられている。

「デビュー14周年を迎えたKAT-TUNは、9月8日にリリースした最新シングル『We Just Go Hard feat.AK-69/EUPHORIA』が、9月14日発表の『オリコン週間シングルランキング』で初週20.5万枚を売り上げて初登場1位を獲得し、高い人気を維持しています。

 ただ、15周年を迎えるまでに赤西仁(37)が2010年7月にグループを脱退。さらに田中聖(35)も2013年9月に“度重なるルール違反行為があった”としてジャニーズ事務所から契約解除されてグループを脱退、田口淳之介(35)も2016年3月いっぱいでジャニーズ事務所を退所してグループから去ってしまったため、6人でデビューしたはずが3人まで人数を減らしてしまいました」(前出の女性誌ライター)

 当初の半数の3人となってしまったKAT-TUNだが、残った亀梨、上田、中丸で精力的に活動を続けている。

「メンバーが抜けてしまったとはいえ、亀梨、上田、中丸のチームワークは良く、引き続き人気も維持しているので、グループとして良い状態を保てているのではないでしょうか。今後もこの現状をキープし、さらにより進化していくためにも、中丸としてはチャンネル登録者数が279万人(9月21日11時30分時点)もいる『ジャにのちゃんねる』で、KATーTUNのために頑張っていきたいと考えているのではないでしょうか」(前同)

 超人気チャンネルでの中丸の活躍で、KAT-TUNの今後は安泰!?

関連リンク

  • 9/21 12:11
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます