三浦透子 清水尋也ら出演、エモーショナルな映像×リアルな心情『スパゲティコード・ラブ』

拡大画像を見る

MONDO GROSSO feat. 満島ひかり「ラビリンス」のMVで注目を浴び、数々のトップアーティストのMVや、ナショナルブランドの広告を手がける映像クリエイター・丸山健志の初長編映画『スパゲティコード・ラブ』の公開日が11月26日(金)に決定。渋谷ホワイトシネクイントほか全国公開となる。

この度、本作のポスタービジュアル&予告編映像が解禁となった。


完成したポスタービジュアル、予告編で描かれるのは、アーバンでスタイリッシュな映像美を特徴とする丸山健志が、今を生きる人たちを肯定する物語。出演に、倉悠貴、三浦透子、清水尋也、八木莉可子、古畑新之、青木柚、xiangyu、香川沙耶、上大迫祐希、三谷麟太郎、佐藤睦、ゆりやんレトリィバァ、土村芳と多彩な顔触れが集結。さらに、甲本雅裕、尾上寛之、尚玄らベテラン人気俳優陣も出演している。


大好きなアイドルへの想いを断ち切ろうと配達件数1000回を目指しひた走るフードデリバリー配達員の羽田天(倉悠貴)。全く芽が出ずシンガーソングライターの夢を諦めようとする桜庭心(三浦透子)。定住しないノマド生活を送る大森慎吾(清水尋也)。天才と称され、プレッシャーと周囲との距離に苦しむ広告クリエイターの黒須凛(八木莉可子)。隣人の会話を盗み聞きする引きこもりの目黒梅子(ゆりやんレトリィバァ)。恋人に尽くすことだけが生きがいのカフェ店員・剣持雫(土村芳)など、東京でもがく13人の若者たちのドラマは、「スパゲティコード」(解読困難なほど複雑に絡み合ったプログラミングコードの意)のように複雑に絡み合い、やがて思いもよらぬエンディングへと辿り着く。


観る者は、それぞれの苦悩を抱えながら、愛を模索し必死に生きる13人の誰かに感情移入し、物語を体験する。誰かと繋がりたくて、夢を諦められなくて、この街のどこかに居場所を探している――。エモーショナルな映像×リアルな心情が観る者の共感を増幅する。


予告編では、歌手としても活躍する三浦透子が歌う主題歌「Never」など、劇中で使用される音楽が彼らのドラマを彩る。また、予告の最後には「最後に訪れる奇跡が 今を生きる、独りぼっちのあなたに きっとつながる」というメッセージも。まさに“いま”を生きる私たちを肯定する物語であることを伝える映像となっている。


【STORY】 

フードデリバリー配達員の羽田天(倉悠貴)は、大好きなアイドルへの想いに区切りをつけるため、1000 回配達を目指し走っている。シンガーソングライターの夢を諦めた桜庭心(三浦透子)は苦手な友達とダラダラと過ごしている。大森慎吾(清水尋也)は定住しないノマド生活で、Facebook の友達が 5000人を超える。広告クリエイターの黒須凛(八木莉可子)は天才と称されるプレッシャーと周囲との距離に苦しんでいる。コミュ力だけで渡ってきたカメラマンの日室翼(古畑新之)は、越えられない壁を自覚している。高校生の赤羽圭(青木柚)と彼が片思いをしている千葉桜(xiangyu)は噛み合わない会話を続けている。モデルの綾瀬夏美(香川沙耶)は、実は仕事よりパパ活の方が忙しくなってきた。不登校の高校生・小川花(上大迫祐希)はインスタで嘘のリア充投稿に明け暮れている。中学生の宍戸一樹(三谷麟太郎)は毎日コンビニのイートインで時間をつぶしている。失恋のショックで引きこもりになった渋谷桃子(佐藤睦)は、復縁を願い電話占いにハマっている。桃子の隣人で同じく引きこもりの目黒梅子(ゆりやんレトリィバァ)は、隣から聞こえる桃子の独り言を聞いている。カフェで働く剣持雫(土村芳)は、恋人に尽くすことだけが生きがいだ。現在を生きるリアルな登場人物たちが愛を模索し東京を彷徨う。恋人同士、元カレ・元カノ、すれ違った他人・・・彼らの行動が複雑に連鎖し、思いもよらぬエンディングに向かっていく。



『スパゲティコード・ラブ』

11月26日 (金) 渋谷ホワイトシネクイントほか全国ロードショー

出演:倉悠貴 三浦透子 清水尋也 八木莉可子/古畑新之 青木柚 xiangyu 香川沙耶/上大迫祐希 三谷麟太郎 佐藤睦/ゆりやんレトリィバァ 土村芳

主題歌:「Never」三浦透子(EMI Records/UNIVERSAL MUSIC)

配給・宣伝:ハピネットファントム・スタジオ

©『スパゲティコード・ラブ』製作委員会

関連リンク

  • 9/21 11:30
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます