ダウンタウンは日テレ「新年末特番」にも出演せず!!『笑ってはいけない』休止に「5つ深刻理由」、最大原因は「渡部建」!?

拡大画像を見る

 日本テレビの大みそか恒例番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!絶対に笑ってはいけないシリーズ』が今年は休止されることが9月20日に発表された。

 2006年から15年にわたって放送され、大みそかの定番となっていた『笑ってはいけない』は、毎年異なるテーマで多くのゲストが笑いの刺客として登場。

 ダウンタウンの松本人志(58)と浜田雅功(58)、ココリコの田中直樹(50)と遠藤章造(50)、月亭方正(53)が24時間「笑ってはいけない」というルールが課され、笑ってしまうたびに罰ゲームとして「ケツバット」を食らうという内容で、2010年から11年連続で民放1位の視聴率を記録していた。

 今年の大みそかには『笑ってはいけないシリーズ』に代わって、6時間生放送のお笑い特番『絶対笑って年越したい!笑う大晦日』(仮)を放送するという。

 同局情報制作部・合田伊知郎プロデューサーは「(出演者の)強靭な精神力に支えられて、長年にわたり年越しの放送を続けてきました。メンバーのみなさんに甘えて、50歳を過ぎても毎年過酷なロケをお願いし続けてきました。スタッフ一同本当に感謝です」と感謝を述べた。

 続けて「そんな『笑ってはいけない』も昨年大みそかの放送で15年。つきましてはこれを節目に『笑ってはいけない』を休止したいと思います。ダウンタウンさん、メンバーのみなさんにはゆっくりお尻を休めていただきたいと思っています」とコメントした。

 芸能プロ関係者は話す。

「プロデューサーのコメントで“ダウンタウンさん、メンバーのみなさんにはゆっくりお尻を休めていただきたい”とあります。それ以上は明確にはされていませんが、代替番組の『笑う大晦日』にはダウンタウンさんは出演しないそうですよ。また、こちらもプロデューサーのコメントにありましたが、今回、『笑ってはいけない』が休止となった要因の1つはやはり、高齢化する『ガキ使』メンバーの体力面を考慮したことが大きいといいますね。

 一番若手のココリコの2人ですら50歳。ダウンタウンの2人はあと2年間で還暦です。たしかに長時間のロケで、常に笑いに耐え、お尻を叩かれるという過酷な内容は体力的には相当キツかったでしょうね」

 昨年、2020年もコロナ禍での収録に懸念の声も上がっていた。

「今回、『笑ってはいけない』が休止する大きな理由のひとつがコロナ禍であることだといいますね。『24時間テレビ』も“感染者が出なければOK”という感じで昨年、今年と放送がありましたが、特に今年は結果的に視聴率は振るわず大スベり。

 スタッフも含めて感染者が出たらネットを中心に“即刻辞めるべき”と叩かれるような状況で、今年の『24時間テレビ』は本当に厳戒態勢で行なわれたといいますよね。行なわれていれば、今年の『笑ってはいけない』の収録現場でも同様の厳戒態勢が必要だったでしょう。そうした、徹底したソーシャルディスタンスを守っての撮影では“どう考えても面白いものが作れない”ということがあったといいますね」(前同)

■“マンネリ化”と“BPO案件”

『笑ってはいけない』に対しては数年前から、視聴者から「そろそろネタ切れでは?」「毎年同じことの繰り返しで飽きた」といった声が寄せられていた。

「松本さんも数年前からやる気を失っていたという報道もありました。しかし、2019年からは『行列のできる法律相談所』『世界一受けたい授業』『有吉反省会』などを手掛ける日本テレビのエース演出家・T氏を総合演出に迎え、大幅なテコ入れを断行しました。

 以降は松本さんもやる気になっていたという話もありましたが、それでも松本さんは毎年のように“今回が最後”だと口にしてきた。松本さんはマンネリ化を嫌いますから、15年もの間続く“大みそか恒例”になった『笑ってはいけない』自体に思うところがあったのではないでしょうか」(制作会社関係者)

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の青少年委員会が8月25日、「痛みを伴うことを笑いの対象とするバラエティ」について審議対象とすると公表。青少年委員会は番組を特定せず、9月から実質的な審議を行ない、委員会としての考えをまとめる予定だという。

 9月20日のスポーツ報知では、この一件と『笑ってはいけない』の休止とは「関係ありません」という日本テレビ関係者のコメントを掲載している。

「番組を特定していないとはいえ、真っ先に想起される番組が『笑ってはいけない』ですよね。ケツバットに加えて、プロレスラーの蝶野正洋さん(58)から方正さんがビンタを食らう、という流れが毎年恒例になっていて、視聴者の中には“蝶野のビンタは新しい除夜の鐘”だという人もいるほどでした。

“関係ありません”というコメントはありましたが、多くのテレビマンはBPOを恐怖しており、やはり関係がないわけがないですよね。審議の結果次第では、番組に批判が出るのは必至でしたでしょうから」(前同)

 視聴者からは「これBPOのこともあるかもだけど、やはりコロナデルタ株の影響が大きいかも?」「なんだかんだ毎年大みそかはこれ見て初詣行って寝るって流れになってた BPOや出演者の年齢等あるけど単純に残念ではある」「BPOもあるかもしれないが、そろそろ潮時というところでしょうか」といった声も上がっている。

■アンジャッシュ・渡部建の“禊出演”漏洩でスタッフに不信感……

 前出の制作会社関係者はこう話す。

「もう1つ、今回『笑ってはいけない』が休止の原因になったと言われているのが、昨年のアンジャッシュ・渡部建さん(48)の一件です」

 2020年6月に複数の女性との“多目的トイレ不倫”が報じられたアンジャッシュ・渡部。同年12月に謝罪会見を行なったのは『絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時』に出演するためではないかと見られ、会見内では記者から『笑ってはいけない』の収録に参加したか問われ、渡部が言葉を濁す場面もあった。

「渡部さんが悪いわけではないですが、スポーツ紙や週刊誌に事前に渡部さんの出演情報が漏れてしまいました。15年に渡って続いてきたシリーズですが、これまで『笑ってはいけない』に出演するゲストが誰なのか漏れることはありませんでした。

 また、放送後ですが、3月、『FRIDAY』(講談社)に渡部さんが出演するシーンの台本が流出するという騒動もありました。こうしたこれまでになかった情報漏洩に、ダウンタウンさんも憤ったと言われていますね」(前同)

 スポーツ紙や週刊誌で渡部の出演情報が報じられた直後、2020年11月の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演した松本は、「あの番組は誰がゲストでどこで出てきて何をするのか、我々は知りたくない。ずっとドッキリを仕掛けられる受け身の側だから」と番組の趣旨について説明。

 そして「収録の前にあれ(ネット記事)を出されて。知りたくなかったので、これはルール違反も甚だしいと思う」と怒りの表情でコメントしていた。

「コロナ禍という状況が大きいのは確かですが、渡部さん絡みの情報漏洩も、今回の休止に至った大きな原因であると話す関係者は少なくありません。長年、鉄壁の壁で守られていた極秘内部情報が前回、外に漏れてしまった。事前に出演ゲストが誰なのか、そして台本までもが流出してしまったことに対して、ダウンタウンさんは強い不信感があるとささやかれています。

 今回、『笑ってはいけない』が“終了”ではなく“休止”と発表されたのは、コロナ禍が終わった際の“再開”を見越してのものだと言われています。しかし、情報漏洩などの一件もあり、シリーズの復活は簡単ではないでしょうね……」(同)

『絶対に笑ってはいけないシリーズ』に代わって放送される、ダウンタウン不在の『絶対笑って年越したい!笑う大晦日』(仮)は、日本テレビの新たな大みそかの恒例番組になれるのだろうか――?

関連リンク

  • 9/21 11:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます