乃木坂46秋元真夏も語り継ぐ、「ネタからベタへ」のテレビバラエティスキル

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(3月14~20日)に見たテレビの気になる発言をピックアップします。

秋元真夏「『かわいい、もう、このネコ飼いたい』とか思ってる場合じゃなくて」

「VTRを見ながら二番手ぐらいに面白いやつを探して、そのことを言えるようにしておく」

 乃木坂46のキャプテン、秋元真夏はそう語った。14日の『乃木坂工事中』(テレビ東京系)で放送されていたのは、乃木坂の先輩メンバーが後輩にバラエティ番組での技術や心構えにいてレクチャーする企画。第1期生である秋元は、VTRを見てコメントする番組でのコメントの仕方を教えていた。

 秋元いわく、そのような番組で最初にコメントが求められるのは番宣で出演している俳優だ。アイドルの順番はその次に回ってくる。だから、用意するコメントは1つではいけない。VTRを見ながら2つ目のコメントを考えておかなければいけない。

「VTRみてるときも、ネコが出てきて、『かわいい、もう、このネコ飼いたい』とか思ってる場合じゃなくて、ちゃんと何か考えながらみなきゃいけない」

 番組ではその後、同じく1期生の高山一実や齋藤飛鳥が自身がバラエティに出演する中で身につけてきたスキルを語っていった。

 そんな番組を見ながら、ここまで来たか、と思った。

 最近、芸人がテレビの中でテレビでのパフォーマンスについて語る場面を見ることが多い。そこではたとえば、バラエティ番組での細かな技術や、情報番組で真面目なVTRを見るときの顔の作り方、番組側から求められる役割に対する悩みや葛藤などが語られる。芸人の来歴が振り返られることもある。

 具体的には、『あちこちオードリー』(テレビ東京系)や、『やすとものいたって真剣です』(朝日放送)、『さまぁ~ず論』(テレビ朝日系)が典型的だろうか。芸人がゲストのときの『バナナサンド』(TBS系)や『しくじり先生』(テレビ朝日系)もそうだろう。最近は『金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)もそういう傾向があるように思う。

 いや、芸人がテレビの中の自分たちをテレビの中で振り返って語り直す番組は、今に始まったものではない。『アメトーーク!』(テレビ朝日系)はずっと前からそういうことをやってきた。20日には『笑いの創造神たち』(NHK総合)で芸人が芸人のネタについて語る番組をやっていたけれど、実はこの手の番組を継続的に放送してきたのはNHKだという印象もある。

 さらにいえば、『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)がずっとやっていた芸人をドキュメンタリー的視線で楽しむ見方の延長線上にあるようにも思う。『めちゃイケ』ではネタだったそんな見方が、ベタ寄りになってきたのかもしれない。そうだとすると、芸人が自分たちについて語る番組が最近増えている印象があるとしたら、それは量的な変化だけでなく、ネタからベタへの語り口の比重の変化も理由かもしれない。

 で、そんなテレビの中の自分たちをテレビの中で振り返って語るという企画を、芸人ではなくアイドルがやる。バラエティ番組での立ち居振る舞いを、芸人からレクチャーされるのではなく、アイドル自身がグループ内で語り継ぐ姿が番組になる。なるほど、ここまで来たか、と思った。

 そんな中、テレビの中でテレビ以外のことについても語る番組が『田村淳のコンテンツHolic』(毎日放送)だ。同番組は、MCの田村淳(ロンドンブーツ1号2号)が毎回1人ゲストを迎え、自分たちがいま一番面白いと思う「コンテンツ」を紹介するキュレーション番組である。

 紹介されるのはYouTubeの動画だったり、NetflixやAmazon Primeの作品だったりする。Twitterやnoteだったり、映画や漫画や音楽やゲームだったりもする。地上波のテレビ番組が紹介されることもあるけれど、それは他局の番組だったりする。

 そんな『コンテンツHolic』は、昨年5月からほぼ関西でのみレギュラー放送(TVerなどでは配信)。12月に放送を終了していた。が、17日に(ひとまず)一夜限りの特別版として復活。東野幸治とヨコタシンノスケ(キュウソネコカミ)の2人がゲストとして登場した。

 芸能界の中でも多くの「コンテンツ」に触れていることで知られる東野は、5つの作品を紹介していた。その中の1つがアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』だ(私も少し前にすべて見た。それも東野のYouTubeラジオで紹介されていたからなのだけれど)。

 東野は言う。

「俺かて、21~22歳ぐらいのときにね、『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の話をテレビでするタイプの芸人と全然思ってなかったから。もうクソみたいな芸風やったから。人は生まれ変われるんです。愛を知ることができるんですよ。テレビをご覧のみなさん。あなたの周りにあなたを愛してる人は必ずいるんです」

 同アニメの紹介としてこれ以上ない的確な表現だ。あの「愛を知らない」と周囲から評されてきた東野が語っているところも含めて。

 続いて、バンドであるキュウソネコカミのヨコタが紹介したのは、他でもない『コンテンツHolic』だ。ヨコタは同番組の存在意義を次のように語る。

「普段僕が生活してる上で、いろんなものを見聞きしたりとか教えてもらったりとかする中で、(この番組で紹介されるコンテンツは)絶対に入ってこないものなんですよね。やっぱ自分がある程度興味があるものしか選んでないんだなっていうことに、この番組を見て気づいたというか」

 確かに、この番組はテレビばかり見ている自分の守備範囲にない作品に触れられるという意味で、個人的にとてもありがたい存在だった。テレビの中でテレビを掘っていく番組ももちろん面白い。けれど同時に、テレビの外の作品に触れられる機会がテレビの中にあるのも面白い。

 さて、テレビの中でのテレビの外の「コンテンツ」の紹介という意味では、先週はもうひとつ。16日の『あちこちオードリー』(テレビ東京系)に、昨年のM-1グランプリの決勝に進出した錦鯉が出演していた。49歳でブレイクしたボケの長谷川雅紀が注目されがちな錦鯉だが、その相方、ツッコミの渡辺隆がこんなことを話し始めた。

「いま仕事と兎田ぺこらですね。(帰ったら)昨日のアーカイブチェックしなきゃいけない」

 渡辺はいま、バーチャルYouTuberにハマっているらしい。中でも、兎田ぺこらの動画を楽しみにしているのだとか。彼女のゲーム実況の面白さについて語る渡辺。その熱い語り口に引き込まれてしまった。

 今からちょっと、紹介されていた動画を見てみようと思う。もしも来週からバーチャルYouTuberの話題が記事に混入するようになったら、そのきっかけは錦鯉・渡辺です。

  • 3/23 14:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます