『徹子の部屋』とゆりやんレトリィバァとテレビの予定調和と

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(1月3~9日)に見たテレビの気になる発言をピックアップします。

黒柳徹子「今日、何か芸おやりになりました?」

 著名人の生老病死を記録するトーク番組。そんな側面が『徹子の部屋』(テレビ朝日系)にはある。

 トークの内容は、幼少期や青春期の思い出、仕事への姿勢や子育て中の奮闘などだけではない。自身の病気や家族の介護、看取りなど、シビアな話も含めゲストの人生が聞き取られる。老年のゲストの若かりし日の映像が振り返られ、訃報があれば追悼放送に差し替えられる。ゲストが病気などで肉体的に弱っている様子や、何かしらの理由で精神的にまいっている様子も、疑似生放送の形式でそのままお送りされる。

 一方で、“死”といっても、“芸人としての死”が注目される番組でもある。ゲストとして訪れた芸人のネタに簡単には笑わず、場合によっては、本人にはその気がないにせよ冷たくあしらっているようにも見える黒柳。そんな黒柳の姿が、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で「徹子の部屋芸人」が放送されたころから“芸人殺し”などと広く話題になり、楽しまれ始めた。

 で、“芸人殺し”な黒柳を楽しむそんな見方は、やはり『アメトーーク!』の企画以降、『徹子の部屋』サイドからも推奨されてきたように見える。芸人をゲストに迎えた回では、ネタをやる前に黒柳が「私は本当に面白くないと笑いませんから」などと宣言していたりもする。

 そんな『徹子の部屋』の8日のゲストはゆりやんレトリィバァ。番組開始早々、黒柳はジャブを放つ。

「今日ちょっと申し上げておきますけどね、私ね、あなたがお笑いの何かをおっしゃったときにね、気が付かないときがあるんですよ。そのときにね、申し訳ないので、あなたがこれから何かを言うぞっていうときはね、ちょっと合図していただける? そしたら私、気をつけて聞いていますので」

 その後、ゆりやんが「昭和の映画に出てきそうな女優の喋り方のマネ」という持ちネタを見せると、「そんな感じしました」とコメント。泣く素振りから変顔をする例の顔芸を見せると、「今のところがアレなの? ちょっと笑わせるとこなの?」と質問。エンディングではこう総括した。

「今日、何か芸おやりになりました? 私、気が付かなかったんだけど」

 さすがである。番組内では黒柳自身が「何か見せていただけます?」などとネタを振る場面もあってのこのひと言。ゆりやんは“芸人としての死”を迎えることになった。

 が、どうなんだろう。面白いことは確かなのだけれど、番組側から積極的に「うちの黒柳は簡単に笑いませんから」と楽しみ方を指定されている感じ。先回りして番組の見方を用意されている感じ。予定調和ではないと前もって宣言された予定調和ではない映像は、果たして本当に予定調和ではないのか。

 芸人がゲストだった回の『徹子の部屋』を見た後は、最近はなんだか思い出し笑いをしながら少し考え込んでしまう。

 毎年放送されているNHK総合の『ブラタモリ』と『鶴瓶の家族に乾杯』のコラボ番組。今年は3日に『タモリ×鶴瓶 新春SP2021』としてお送りされていた。ただ、コロナ禍が続く中で例年のようなタモリと鶴瓶のロケは無し。スタジオでVTRを見たりトークをしたりといった内容になった。

 で、2人が過去のロケで出会った人などにカメラを向けたVTRで尋ねられていたのは「大変だったけど良かったこと」。コロナ禍になりテレビでは「大変なこと」が多く報じられる中、確かに「大変なこと」はたくさんあるのだけれど、その中でも経験された個人的な「良いこと」が伝えられた放送だった。

 中でも印象的だったのは、鶴瓶が以前、愛知県で出会った帽子職人だ。彼は言う。

「2カ月ぐらいですかね、ずっとここにこもって作業だけしてたんですね。お客さん入れないようにして。それがめちゃくちゃ楽しくて。お客さんが来るとドキッとしちゃうんで、全然そんなこと気にせずに作業だけしていられるっていうのが僕は最高でしたね」

 これを受けてタモリが語る。

「このコロナになって、こういう方の気持ちがすごいわかる瞬間があるんだよ。俺は本当はこういう人だったんじゃないかと思うの。俺、本当は社会に向いてないのかなと思う」

 自分は本来、他者とのコミュニケーションが苦手な人間なのではないか、とも語るタモリ。かつては毎日お昼にさまざまな著名人と「友だちの輪」をつないでいた男の、非社会性の告白。タモリはさらに言う。

「(社会に)向いてない人っていっぱいいると思うんだけども、向いてるフリをして無理してみんな生きてるのがね、わかるなという気がしてきたね」

 なお、帽子職人は鶴瓶の印象を次のように語る。

「そこにいるのにそこにいないような感じでしたね。ひらたく言えば、心が通じ合わないんだろうなっていう気がしたというか。花とか風とか、そういうのと喋ってるような感じです。目の前にいる人のことはたぶん見てないし、笑顔っぽい顔をしているだけ」

 これをタモリは「見事な描写」と絶賛。タモリがこれまで繰り返してきた「目の奥が笑ってない」といった鶴瓶への分析的な評価を、詩的に書き直したような鶴瓶の描写だった。

 一方、帽子職人はタモリについての印象を聞かれると、しばらくの沈黙の後「なんにもないですね」とひと言。これはまたこれで、タモリに対する「見事な描写」だったのかもしれない。

 4日の『ネタフェスJAPAN』(日本テレビ系)。番組冒頭で司会の今田耕司から説明されていたように、「誰が優勝すんねんみたいな緊張して見る必要がない」ネタ番組。漫才やコントがシンプルに披露されるコーナーもある中、『鬼滅の刃』のコスプレで漫才をやったり、J.Y.Parkのモノマネをする芸人たちが審査員目線でネタを見ていたり、第7世代の芸人がBTSの曲のダンスをしつつ爆破ドッキリにかけられたりと、約4時間の放送の中で「緊張して見る必要がない」演出がいろいろと施されていた。

 中には日本テレビ系の番組とのコラボ企画も。『今夜くらべてみました』とのコラボでは、女性芸人のネタを「闇オンナネタメドレー」と題して紹介(うち1組は女装したシソンヌ)。『人生が変わる1分間の深イイ話』とのコラボでは、「この人の弟は誰でしょう?」と延々とVTRが流された後にごく短時間のネタ披露。『ウチのガヤがすみません!』とのコラボでは、ヒロミや後藤輝基(フットボールアワー)がプレゼンター的な役割で出てきて若手芸人たちがショートネタを披露するのだけれど、結果的にヒロミと後藤が目立っていた。

 日テレ系のバラエティ番組の「なんだかな」と感じるところを一挙に見ることができて、お得な番組でした。

  • 1/12 19:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます