ナイツ・塙が語る“テクノ漫才”と、その効用「途中でなんで笑ってるのかわかんなくなってくるっていう」

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(9月13~19日)に見たテレビの気になる発言をピックアップします。

ナイツ・塙「YMOを漫才にできないかなと思ったんですよ」

 ゲストが自身の偏愛を語る特別番組『B面ベイビー!』(NHK Eテレ)。その17日の放送で、ナイツの塙宣之がYMOを語っていた。塙は言う。

「YMOが一番好きだから、YMOを漫才にできないかなと思ったんですよ」

 坂本龍一、細野晴臣、高橋幸宏によって結成され、1980年前後に活躍したYELLOW MAGIC ORCHESTRA、略してYMO。活動期間の短さにもかかわらず、テクノ・ミュージックで音楽シーンに大きな影響を残したグループとして今でもたびたび回顧される。

 1978年生まれの塙自身は、YMOが活躍していた時代とは世代が少しズレている。しかし、電気グルーヴのラジオを聴いていた兄(芸人のはなわ)の影響もあり、YMOの音楽に出会ったという。ファミコンの音楽も好きだった彼は、そのテクノ・サウンドにすぐにハマったらしい。

 そんな塙によれば、ナイツの代名詞ともいえる”ヤホー漫才”は、YMOの音楽に発想を得て作られたものだった。2007年にPerfumeが『ポリリズム』でブレイクしたころ、もう一度YMOを聴き直してみた塙。そのとき改めてYMOが大好きだと気づいた彼は、この音楽を漫才に転用できないかと考えたという。

 一定のリズムで無機質な電子音が鳴り響くテクノ・ミュージック。このイメージをもとに、小ボケを一定のリズムで淡々と重ねていく”ヤホー漫才”が生まれた。番組の進行役を務めるスチャダラパーのBoseと塙は語る。

塙「普通の漫才だったら4つぐらいボケたときにツッコミが『お前小ボケ多すぎだろ』って止めちゃうんですよ。だけどそれを止めないことで、ループすることで、聴いてる人が…」

Bose「グルーヴなんですよね。どんどん気持ちよくなってきて、途中でなんで笑ってるのかわかんなくなってくるっていう」

塙「そこが狙い。うねりを起こすというか」

 なるほど、ナイツが小ボケを繰り返し、その流れを止めずに横の土屋伸之が訂正していく。その機械的なリズムはテクノのようだ。笑いと音楽の融合とでも言えようか。

 それにしても、浅草の演芸場に立ってきたナイツの漫才が、対極にあるように見えるYMOの音楽と結びつくのが面白い。いや、西洋が解釈する東洋の音楽を東洋人が西洋のリズムや技術を用いて再演する、みたいな洋の東西の越境をYMOはやっていたと批評されることがあるけれど、そうだとすると両者の結びつきは案外対極ではないのかもしれない。

 なお、上のヤホー漫才誕生に関する秘話にはこんなオチもつく。テクノのイメージを元にヤホー漫才を練り上げていったナイツ。2008年、初めてM-1グランプリの決勝に進んだが――。

「思いっきりテクノカットの(オードリーの)春日に負けた」

 音楽と笑いの融合といえば、15日の『相席食堂』(朝日放送)の島田珠代に笑った。

 彼女がロケで訪れたのは、京都にある嵐山モンキーパークいわたやま。ニホンザルの餌付けが体験できる、山腹の野外施設だ。VTRのオープニングで「フー!」と小躍りしながら登場すると、彼女はいきなりこの日一番のインパクトを残したギャグを炸裂させる。

「タ・マ・ヨ、パンティーテックス! タ・マ・ヨ、パンティーテックス! パンティー、パンティー、パンティーテックス!」

 小気味良いリズムと切れの良いダンスでイントロもなく繰り出されるギャグに、否応なしに笑わされてしまう。もちろん意味はわからない。「タ・マ・ヨ」はもちろん珠代。しかし「パンティーテックス」、特に「テックス」とは何か。いや、考えてはいけない。そのリズムに身を委ねよう。テクノならぬテックス・ミュージック。なお、「タ・マ・ヨ、パンティーテックス」のリズムは、「イ・ノ・キ、ボンバイエ」と同じだ。

 その後も珠代のギャグは続く。猿の餌付けができるのは山の頂上。そこに至る山道を登りつつ、下ネタを基調としたギャグは止まらない。”相席”というコンセプトをよそに、VTRは珠代のワンマンライブの様相を呈する。ロケは珠代1人だけ。吉本新喜劇のようにツッコミ役の小籔千豊もいなければ、ぶつけられるセットの壁もない。彼女の下ネタ登山を止めるものは何もないのだ。

 披露されたギャグは盛りだくさんだったのだけれど、ここではあと1箇所だけ引用しよう。珠代は山腹で唐突に「ちょっとなんなん。もうアカンわアカンわアカン、キツい、おっぱいがキツい」と言い始める。それを導入にギャグが始まる。

「あーー、ボインボインボイン、ハイ! 珠代です、珠代です、ウッヒョ、ウッヒョ~! ハーイ! ボインボ~イン、ボ~インボ~イン、ボインボ~イン、ボ~インボイン、こーこはシークレッツ。ハイ! 珠代のおっぱい、チョモランマ~。ハイ! マウンテ~ン、チュチュルチュルチュチュ、マウンテ~ン、チュチュルチュルチュチュ、マウンテ~ン、マウンテ~ンは、山! 山! ハイ! 山あり谷あり、沼地あり~。ハイ! 沼地あり~。ハイ! 沼地にハマって出られない、よいしょ、沼地にハマって出られない、よいしょ、よいしょよいしょよいしょ」

 もう、珠代の下ネタミュージカル。対義語は阿佐ヶ谷姉妹のおばさまコーラス。転調を挟みながらつなげられていく持ちギャグとアドリブの連鎖が、聴く者をトランス状態に追い込んでいく。ステージは山林。一定のリズムで鳴り響くセミの鳴き声が珠代の旋律を支え、底抜けのユーモアにペーソスを添える。なるほど、「どんどん気持ちよくなってきて、途中でなんで笑ってるのかわかんなくなってくる」とはこういうことだったのか。

 なお、上に引用したギャグの途中、千鳥の2人はたまらず何度も「ちょっと待てぃ!!」ボタンを押している。その数5回。ボタンが押されるたびに少し映像が巻き戻されて再生されるものだから、同じギャグを何度も繰り返し見る羽目になる。その反復がグルーヴを起こし、笑いを増幅する。珠代のVTRをすべて見終えた大悟が自問自答する。

「ワシって何がおもろいんやろ? なんもおもろないわ、ワシ。あんなの1個もできんもん」

 実のところ、『よしもと新喜劇NEXT~小籔千豊には怒られたくない~』(毎日放送)や『かまいたちの机上の空論城』(関西テレビ)など、関西の深夜番組では最近になって彼女がしばしば出演し、そのたびに大きな笑いをかっさらっている。予告によると25日の『机上の空論城』では、珠代の「秋の新作ダンス」披露があるらしい。

 吉本新喜劇という舞台でロングラン公演を続けてきた島田珠代のミュージカルが、ここに来て大きな盛り上がりを見せている。

  • 9/22 19:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます