完売必至! ハーゲンダッツの華もちシリーズ「きなこ黒みつ」&「みたらし胡桃」を食べてみた

拡大画像を見る

 ハイクオリティなアイスクリームでお馴染みの『ハーゲンダッツ』より、今年も秋の定番メニュー「華もち」が登場! 9月14日より期間限定フレーバー「ハーゲンダッツ ミニカップ 華もち 吟選(ぎんせん)きなこ黒蜜/香ばしみたらし胡桃(くるみ)」の2種類の発売がスタートしています。

 とろ~り柔らかなもちと、こだわりの和スイーツ素材を組み合わせた「華もち」シリーズは、毎年好評を博している注目のフレーバー。2つのテイストで展開される今年の味わいは、果たしてどんな仕上がりとなっているのか。実食にてその実力を確かめてみましょう!

「吟撰(ぎんせん)きなこ黒みつ」

「吟撰(ぎんせん)きなこ黒みつ」は、華もちシリーズを代表する人気のフレーバー。今年も無事にラインナップ入りしていたことで、安堵しているダッツァーの方も多いのではないでしょうか。

 天面にたっぷりとかけられているきなこは、黒大豆きなこと黄大豆きなこをブレンドしたもの。カップのフィルムを剥がしたと同時に、香ばしい香りがふわっと漂います。

 スプーンを挿し込み、きなこともち、ベースのきなこアイスを一度に口へと運ぶと…おお、この味わいは完全にきなこ餅。きなこは粒子が非常に細かく、風味がしっかり残っているのに粉っぽさが全く感じられません。柔らかな食感のもちと、きな粉アイスクリームはともに甘さが控え目。一体化してすぐに口の中から消えていきます。

 甘さのメインとなっているのはアイスの中に入っている黒蜜ソースで、濃厚な甘味とコクがきなこの風味とアイスのミルキー感を上手に際立たせてくれます。カップの中の全ての味わいが突出せずに、それぞれの味わいを引き立て合う感じ。秋の定番と呼ばれるに相応しい美味しさです。

「香ばしみたらし胡桃(くるみ)」

「香ばしみたらし胡桃(くるみ)」は2015年に発売された初代華もち以来となる久々の登場。ベースとなるミルクアイスクリームにローストした胡桃を加え、みたらしソースがもちの上からたっぷりとかけられています。

 スプーンでみたらしソース、もち、アイスをすくってペロリ。これはズバリ“団子がいない冷たいみたらし団子”の味わいですね。

 一番最初に来るのがみたらしソースの甘じょっぱさなんですが、もちのつるっともっちり感、アイスのなめらかさと冷たさ、アイスの中にいる胡桃の粒が次々と重なって、全体が丸く収まる大団円です。

 胡桃はアイスをどこからすくっても2~3粒入ってきて、食感と風味に心地よいアクセントを加えてくれます。粒を偏らせずに満遍なく入れるのって、よく考えたらすごい技術なのでは?

 主役のミルクアイスはこちらも甘さは控え目ですが、みたらしソースの味わいが消えるタイミングで濃厚なミルクの味わいが追いかけてきます。初代をしっかり味わった筋金入りのダッツァーさんなら、間違いなくテイストの進化に驚くのではないでしょうか。

 和スイーツ素材のきなこ&みたらしソースがこれほどまでにアイスクリームと親和性が高かったのかと、改めて思い知らされてしまう「吟選きなこ黒蜜」と「香ばしみたらし胡桃」。期間限定販売&なくなり次第終了とのことなので、スーパーやコンビニなどでその姿を見かけたらぜひ手に取って、美味しい秋の味わいを楽しんでみてください。

●DATA

ハーゲンダッツ 「ミニカップ 華もち 吟選きなこ黒蜜/香ばしみたらし胡桃」

期間:2021年9月14日(火)~ ※期間限定
販売:全国のスーパーマーケット、コンビニエンスストア、デパート等
https://www.haagen-dazs.co.jp/hanamochi_2021/

関連リンク

  • 9/21 10:49
  • 食楽web

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます