「ママタレ拒否宣言」の高橋真麻、ブログでは子供ネタが満載のナゼ!?

拡大画像を見る

 元フジテレビでフリーアナウンサーの高橋真麻。ズバリと本質を突いた発言で、情報番組のコメンテーターとしても大活躍だ。プライベートでは、2018年12月に一般男性と結婚。20年4月に第1子となる女児を出産した。〝ママタレ〟としての活躍も期待されたが……。

 20年5月13日更新のブログで「子供の顔出しをしないのに、子育て日記的なものや相談事を書くのは微妙だと思っているので」と綴り、「子供に関してはイベント事とか突発的に何か起こった時だけ書くようにしているわけです。意識的に。(ママタレと言われるの嫌だし)」と意外な告白をした。

 まさかのママタレ拒否宣言にネット上では「もったいない」という声も聞かれた。それもそのはず、好感度の高い真麻が育児や子供のことを発信すれば、支持率はさらに高まるはず。しかし、あえて子供を〝ネタ〟にしない真麻に称賛の声も寄せられた。

 ところが、最近の真麻のブログをのぞいてみると……。9月7日には子供が木琴で遊ぶ姿と、ヤンキー座りをしている写真を投稿。8月30日には子供が薄切り食パンとチーズを食べている写真を公開した。これらはほんの一例で、子供のごく日常が頻繁に投稿されている。でも、イベント事とか突発的に何か起こったときだけ書くのではなかっただろうか。

「真麻もやはり母親。自分の子供が可愛くて仕方なく、ブログにアップしていると思います。楽しいことばかりではなく、5月19日のブログでは子供がなかなか寝ないなど、育児のつらさも吐露していました。子供が生活の中心となっており、本人は意識していなくても、自然と子供や育児のことを書いてしまうのでしょう。でも、当初の方針と違って子供のことを書いても、ブログの読者からは共感を呼ぶなど好評のようです。真麻の人柄のよさが出ているからだと思われます」(芸能記者)

 いっそ、考えを改めてママタレとしても頑張ってみては?

(石田英明)

関連リンク

  • 9/21 10:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます