生見愛瑠、佐藤栞里に続く活躍を見せて女優に本格転身か?

 人気モデルでタレントの“めるる”こと生見愛瑠が、プライムタイムのドラマに初登場だ。10月6日にスタートするドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」(日本テレビ系)に橙野ハチ子役でレギュラー出演する。

 弱視の盲学校生・赤座ユキコ(杉咲花)がヒロインの同ドラマにてめるるは、ユキコに恋するヤンキー・黒川森生の中学時代の同級生役で出演。「ハチ子は色んな過去があって負の気持ちを持っている部分もあるけど、森生や仲間といる時は普通の素直な女の子です」とのコメントを寄せている。

「めるるは今年3月に放送された『おしゃれの答えがわからない』(日本テレビ系)にていきなり、主役として女優デビューを果たすことに。ただ全4回の深夜枠だったことから、さほど話題にはなりませんでした。それが今回は大ヒットドラマ『ハコヅメ』の後枠ということもあり、視聴率も相当期待できそう。いよいよ“女優・生見愛瑠”にスポットライトが当たることになりそうです」(テレビ誌ライター)


 ただレギュラーとは言っても、この「ヤンキー君と白杖ガール」では主演・杉咲のほかにも奈緒やファーストサマーウイカといった人気者が出演。めるるの番手は全体で11番目、女性キャストで5番目であり、これではいくらめるるの知名度をもってしても目立たないことになる懸念もありそうだが…。

「たしかに番手は低いものの、決してチャンスがないわけではありません。7月期ドラマで最高の視聴率をマークした『TOKYO MER』(TBS系)では、佐藤栞里がドラマレギュラー出演に初挑戦。彼女も番手はかなり下のほうでしたが、エレベーターに閉じ込められた第5話やテロリストの爆弾で亡くなってしまう第10話ではヒロイン級の活躍を見せてくれました。なにより視聴者が驚いたのはその演技力。ドラマでは観る者を惹きこむ演技ができれば、番手や経験に関係なく活躍できることを示してくれたのです」(前出・テレビ誌ライター)

 めるるの場合、演技力は未知数ながら、ビジュアル面では集団の中でも埋もれないルックスの持ち主。その華やかな存在感を発揮できれば、おばかモデルから女優への本格転身も夢ではないのかもしれない。

※トップ画像は生見愛瑠公式インスタグラム(@meru_nukumi)より。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/21 8:00
  • asageiMUSE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます