Netflix空前の大傑作!主演・大泉洋、監督・劇団ひとりの『浅草キッド』に最高の追い風「700億円の離婚女優」

拡大画像を見る

 9月14日、“ビートたけし”こと北野武(74)と師匠である深見千三郎を描いた映画『浅草キッド』(Netflix)のティザーアートとティザー予告映像が解禁された。

 同作は、柳楽優弥(31)が若き日のたけし、大泉洋(48)が深見をW主演で演じるほか、劇団ひとり(44)が監督と脚本をつとめる。

「予告で、後年、弟子のたけしの口癖になる大泉の“バカヤロー!”が何度も聞けます。また、女装で笑いを取ろうとするタケシを“芸人なら芸で笑いとれ。笑われんじゃねぇぞ。笑わせるんだよ”と叱責する様子や、サザンオールスターズ・桑田佳祐(65)の主題歌『Soulコブラツイスト~魂の悶絶』が確認できます。桑田については、同曲を映画と関係なしに制作中だったところを、劇団ひとりが熱烈オファーをかけた結果、起用されたそうです」(女性誌記者)

 完成前の映像を鑑賞した桑田は、深見とたけしの2人にも通ずる精神性や関係性、時代背景と、制作中の新曲の不思議な近似性からオファーを快諾。大泉も、

「この作品のために作られた曲ではないのに、なぜこの歌はここまでこの作品にハマるのでしょう。いや、ハマるというよりも、この歌は『浅草キッド』そのものを歌っている気さえします」

 と絶賛している。

「またしても劇団ひとりが才能を見せつけることになりそうです。同業者の間でもすでに話題になっていて、元テレビ東京の佐久間宣行プロデューサーのYouTubeチャンネル『佐久間宣行のNOBROCK TV』に、8月28日、長年の付き合いである構成作家オークラ氏を招いた『【生配信】登録者数15万人突破記念!構成作家オークラと生トーク!』という対談動画でも、本作の話題も出ていました」(前同)

■女優・鈴木にも期待

 劇団ひとりの話題から展開したのだが、佐久間氏によると、

「試写で見た方がいるんですけど、大傑作らしいですよ。とんでもないらしい」

「ちょっとだけ見た人がみんな、“ちょっと見てください”“早めに見てください”“やばいっす”(と言ってくる)」

 らしく、監督・脚本の劇団ひとりについても、「関東のお笑いやってるディレクターってある程度エラそうに言えてるのは、マジでこの天才世代と同期だったのがあるし、劇団ひとりと作れたのはデカい」と、改めて才能の豊かさを称賛していた。

「また、『浅草キッド』には、今年7月16日にとんねるず・石橋貴明(59)と離婚したばかりの鈴木保奈美(55)が、深見(大泉)の妻で、一緒に “ストリップとお笑いの殿堂”と呼ばれていた浅草フランス座を守る女性・麻里を演じることも明らかになっています」(前出の女性誌記者)

 鈴木は本作について、

《劇団ひとり監督の、ビートたけしさんへの愛、尊敬、憧れ。絶対に撮りたいイメージ。口数少なく、しかし決して諦めない監督の思いを実現しようとチームが一致団結して撮影に臨む、あたたかく優しく純粋な現場でした》

 とコメントを寄せている。

「柳楽も大泉も魅力あふれる俳優だし、劇団ひとりの脚本・監督も期待が持てますが、鈴木にも期待が持てます。最近では鈴木が1人2役で出演した日中共同制作の映画『唐人街探偵 東京MISSION』が、2月12日に先行公開された中国で歴史的な大ヒットを飛ばしていますからね。

 中国ではヒット作の最低ラインが1億元(約17億750万円)と言われていますが、本6月21日時点で44億3000万元(約754億円)という、信じられないほどのメガヒットを記録。鈴木は、立て続けに連続ドラマにも出演していますし、第二の黄金期を迎えているのではないでしょうか」(前同)

 世界で配信されるNetflixでも、鈴木はそのちからを見せつけてくれるのか。いまから楽しみでならないーー。

関連リンク

  • 9/21 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます