フジテレビ『ナイト・ドクター』第11話・キンプリ岸優太が最終回も見せた「深澤の泣けるほどに優しい姿」

拡大画像を見る

ドラマ『ナイト・ドクター』(フジテレビ系)の最終回は、未来に繋がる素晴らしいエンディングを迎えた。過酷な状況で命を繋ぐ医師たちの情熱や想いに胸を震わせた月曜の夜だった。とりわけ成長していく深澤(岸優太/25)をもう見られないのかと思うと、寂しさで月曜は夜空を見上げて想いを馳せてしまいそうだ。

■ 深澤の医師としての成長に喜びを感じる

 最終回は、夜間の仕事をする作業員の事故が重なる夜だった。美月(波留/30)は鉄道車両の下敷きになり左胸部を圧迫された男性を、高岡(岡崎紗絵/25)はオフィスビルのエスカレーターから転落し肺裂傷の女性を、深澤はごみ処理センターで右下肢の不全断裂の男性を診るため、別々に行動して処置を進めることになる。過酷な状況の中で、またも大きな成長を見せてくれたのは深澤だ。

 救出まで時間が掛かることに加え、出血多量でショック状態が続いているこの状況の中、早い段階で右足切断も頭にあっただろう。でもなんとか温存したい、持ちこたえてほしいと思っていたのではないだろうか。タイミングを見計らったように成瀬(田中圭/36)から電話が入り状況を説明すると、成瀬は右足切断の判断もあると伝えた。だが、現場にいる医師である深澤が判断するよう言われたことで決意を固めたように感じられた。自信のない丸みを帯びた背中はシャキッと伸び、機敏な動きで処置を進める深澤に、患者の同僚たちが動揺し叫び出す。

「静かにしてください!自分は行きたくても生きられなかった人たちを沢山見てきました。でも鳥山さんは今なら助けられます。彼に生きてほしいと思うなら、黙っていてください」

 同行していたベテラン看護師も目を丸くするほどに大きな声。肩を震わせ、眉間にしわを寄せてうっすらと涙を浮かべた表情からは、命を優先した決断であることが痛いほどに伝わってくる。切断したことでどうなるかなんて百も承知だが、生きてこそなのだ。生きていれば、また一緒に仕事が出来るかもしれないし、喜びや悲しみを共有しながら素晴らしい人生を送ることも出来るのだ。

「生きてさえいれば、きっと叶えられます。それに、鳥山さんにはあなたのような仲間が沢山いるじゃないですか」

 処置を終えて病院に向かう救急車の中で、患者の同僚に穏やかな表情で話す深澤の声が優しすぎて泣けてくる。深澤の妹・心美(原菜乃華/18)のように重い持病を抱えながら懸命に生きている人間がいる一方で、生きていてくれることで喜びや生きがいがあることを知る深澤の言葉からは重みを感じた。また、その話し方や言葉の選び方が元内科医だった経験が生かされているように感じたし、演じる岸の優しい気持がにじみ出ているようにも感じられたのがとてもよかった。

■チームは解散しても変わらぬ絆

 ナイト・ドクターのチームは解散が決まったが、これには前向きな理由があった。主要病院でナイト・ドクター制度を定着させるために、これまで培ったノウハウや信念を伝えてほしい、出向いてほしいということだった。この未来ある明るい解散に、5人は応じることにした。前向きで高いモチベーションを持っての異動、なんて素晴らしいことだろう。離れていても同じ志を持って仕事が出来るのは心強い。年齢も経歴も全く違う者たちが、同じ職場で、同じ寮で、過ごしてきたのだ。それぞれの仕事に対する経験や考え方の違いで、しばしば衝突し、口論になり、涙を流すこともあった。だけど、お互いを尊重し合い、情熱を持った者同士リスペクトし合える素晴らしい仲間、それはこれからも続いていく。

 福岡の病院には美月が、大阪には高岡、牛タンラーメンを食べている成瀬は宮城だろうか。桜庭もワイン色のスクラブを着用しているのを見ると異動になったのだろう。そして、深澤はあさひ海浜病院に残留したのだが、これは心美がいることが大きく関係しているだろう。

 それぞれが別の場所にいても、気持ちは繋がっているのがいい。仕事の終わりを意味する朝日の光が差し込む現場で労い合える仲間がいたこと、そんなチームを作っていくこと、広げていくことは簡単なことではない。だけど、八雲院長が言っていた「この輪がもっともっとこれから広がるといいね」と思うし、彼らならきっと出来る。今日もどこかの病院や事故現場で患者の治療をしているのだろうか……、深澤たちに、いつかまた会いたい。

(文・青石 爽)

『ナイト・ドクター』は、夜間救急専門の「ナイト・ドクター」として勤務する医師たちを描いたオリジナル脚本。柏桜会あさひ海浜病院は『365日24時間、どんな患者も断らない医療』を目指し、崩壊寸前の救急医療を立て直すべく、新たな働き方として夜間救急専門のチームを設立することになり、救命に情熱を持っている朝倉美月(波瑠/30)、美月の先輩救命医で現実主義の成瀬暁人(田中圭/36)、元内科医で病気がちな妹を大切に思う深澤新(岸優太/25)、研修医上がりでムードメーカーの桜庭瞬(北村匠海/23)、仕事もプライベートも完璧な高岡幸保(岡崎紗絵/25)、技術も皮肉も一流で指導医の本郷亨(沢村一樹/53)といった、年齢も性格も価値観も全く異なる医師たちが奮闘する青春群像医療ドラマである。

関連リンク

  • 9/21 7:20
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます